“小悪魔美女” 白藤有華、グラビア界席巻の美しすぎる“ぷるしり”で世界狙う

グラビア 公開日:2021/05/23 19
この記事を
クリップ

2018年に「恵比寿マスカッツ」に加入。『給与明細』『ハニートラップTV』(ABEMA)でも活躍中の白藤有華。


154cm B75-W55-H87という至宝のスレンダーボディ。バストは「Aカップですよ。しっかりヌーブラで寄せてます」と報告するも、2カップは上に見えると記者陣から言われ嬉しそうにご満悦。「盛り上手なんですよ」と謙遜した。彼女のチャームポイントは何と言ってもおしり。“ほっぺ”が肉厚のぷるんぷるんの“ぷるしり”。「おしり番長の方もいらっしゃると思うのですが、おしりが際立つほど上(バスト)が小ぶりで、とにかく一番きれいだと思うんですよ。世界一目指してます。敵はいないと思います。敵は自分です!」と、目標はすでに先を見据えている。


その白藤自慢の“ぷるしり”が堪能できるファーストDVD『ぷるしりおゆか』(イーネット・フロンティア)が5月21日に発売され、記念のイベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。


清楚な白のマイクロビキニで登場した白藤。ファッション雑誌のモデルといっても遜色がないくらい美人フェイスでありながら愛嬌あるベビーフェイス。そこはかとなくえっちな空気を醸しながら記者陣に早くも“ハニートラップ”⁉を仕掛けるつもりか。ポージングも悩ましい格好を次々繰り出して翻弄する小悪魔美女だ。


グラビアアイドルが念願だったという彼女。「脱ぐのが好きなんです」とドッキリ発言が飛び出したが、「裸になるんじゃないんですよ。水着になるのが好きでして、ずっとなりたいなあって思ってたんです。昔からくびれが綺麗って、親からも友達からも言われて育ってきたんですよ。おしりも反り背ということもあって際立って綺麗って言われてたんですね。だからなりたくってしょうがなかったんです」と話し、自慢のカラダを世間に認知してほしいという思いが叶った。


記念すべきデビューDVDは、まだサンプル動画しか観ていないそうだが、「手にした時にやっと実感が沸きました。グラビアアイドルの証明書ができました」と嬉しさを噛み締めていた。印象に残ったシーンはグラビアアイドルとして最初に撮ったという朝ベッドのシーンだそうで、「Tバックを解禁して、素肌にカーディガンだけを羽織っただけの衣装で彼氏を起こすという、雰囲気だけ伝えられて演技をするというところから始まりましたね」と振り返った。また制服のシーンは自撮りだったそうで「セルフプロデュースの映像です」と胸を張り、初めてのメイドコスプレについては「やっぱりメイドって可愛いですよね。お気に入りです」と話した。


注目の一番エロいシーンを聞いてみると「(黒のランジェリーで)氷をカラダに当てるんですけど、私刺激に弱くてひやひやしました。しかも目隠しされてるのでドエロだと思います」とぶっちゃけ。プライベートを含めても初めてなの?と意地悪な質問をされると「するかしないかは個人情報なのでヒミツですね。ふふふ」と煙に巻いた。白藤自身は本作を「清楚」と総括したが、デビューにしては攻めまくっている印象。しかし「足りないです!実はマネージャーが、スタイリストさんが水着を出してくるたびに何度もNGになってるので、布面積が多めになってるんですよ。だからもうちょっと出しても良いかなって思います。いずれはちいさめのマスクくらい」と大胆発言し、スタッフサイドからどっと笑いが。


世界を狙う最大のアピールポイントであるおしりのケアについて聞いてみると「できるだけ座らないようにしています。できるだけ摩擦が起きないように、寝る時も気をつけてます」と、おしり磨きに余念がない白藤。絶品“ぷるしり”で日本のグラビア界に旋風を起こす日は近い。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 72件)