“えちえちきつね娘” 崎川みずき、セクシーなカーブ描く“映えボディ”大胆に進化

グラビア 公開日:2021/05/24 34
この記事を
クリップ

名古屋発のライブアイドルとして活動中に、念願であったグラビアアイドルとなるため『ミスFLASH2020』のオーディションに応募。候補者50名のお披露目時に、黒髪ロングでスタイル抜群のひと際可愛いオーラを放っていた崎川みずき。当サイトでも幾度か『ミスFLASH2020』注目の女の子としてピックアップしてきたが、あれよあれよという間にグランプリまで上り詰めた。



愛らしいルックスと、むちふわなボディがなんとも魅力的。ぽんこつキャラと、へにょへにょな喋り方、ひきこもりが趣味という“陰キャ”と、親しみやすい無邪気な笑顔とのギャップで、放っておけない妹のような存在。“今日現在、きつねが人間に化けている形態”と自己紹介する“コリン星”的な設定も可愛くて人気だ。そんな崎川の2ndDVD『狐が嫁入りできなかったので今日も晴天です』(竹書房)を5月21日に発売。翌日の22日には記念イベントが浅草橋・東京Lilyで開催され、イベント後に囲み取材に応じた。


ジャケット写真に採用された、和柄の眼帯ビキニがお気に入りだったそうで、それを手作りで再現したというビキニで登場。もちろん耳は“きつね”なので付けたのではなく生えている模様。撮影時よりも全体的にすっきりして、カラダのラインのシルエットが引き締まった感じ。たわわな85cmの柔らか美乳は変わらないが、『ミスFLASH』の任期中よりも大人になったのか、可愛さは変わらずエロさが増した印象。おしりも鍛えて大きくなった感じで実にえっちだ。ポーズの手数も、表情の作り方も巧くなっていて、いまや一流のグラビアアイドルとして成長した。しかしインタビューは相変わらず苦手のようで「コメント上手く言えないので…」と恐縮していた。


宮古島で撮影された今作、「『ミスFLASH』時に撮ったファーストDVDがお友達設定だったんですけど、今回は恋人にしてもらいました。でも、きつねのみずきが、恋をしたのが人間で、無理な恋愛なので残念だけどさようならです」と、許されない恋の物語となっている。是非観て欲しいシーンを聞いてみると「全部!」とにっこり。敢えてひとつ選んでもらうと「最後のお別れのシーンがあるのですが、本物の涙で頑張りました。演技とかはあまり…見ないで、“ミラクル”が起きたって覚えてください」と話した。


前作よりかなり攻めた露出多めの今作だが、崎川推薦のセクシーシーンは白のスクール水着だと言い、「夜撮ったんですけど、なかなかにえちえちで、お友達関係だったファーストは誰かに触られることがなかったんですが、今回は初めてマッサージされました。メロメロになってほしいです♡」とアピールし、自己採点は70点と辛口評価に。「撮影当時はみずきのやれること全部出して100点だと思ったんですけど、見返してみると反省点が多かったので」と冷静な分析。「3rdDVDに向けて学ばなきゃいけないところがいっぱいでした」と前を向いた。


現在崎川は、5人組アイドルグループ「ヱンデ」で活動中。日夜デビューに向けて特訓中だそうだ。さらに6月15日(火)にはデジタル写真集が発売されるので、こちらも要チェックだ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 98件)

関連タグ