YouTubeで話題のFカップ 高梨瑞樹、コスプレ七変化でえちえち全開

グラビア 公開日:2021/05/20 223
この記事を
クリップ

笑うと八重歯がキラリとひかる童顔さを残しつつも、85cmのFカップという理想的な大きさのバストとクビレたウエストラインというグラビア映えした凹凸ボディが魅力の高梨瑞樹。


昨今はグラビア以外にも女優業やバラエティ番組などにも出演。YouTubeチャンネル「高梨瑞樹のみずきっす」も大人気で、ファンも拡大の一途だ。その彼女が最新DVD『もしも瑞樹が…』(竹書房)をリリース。また一段とセクシーさが増幅するなど、コアなグラビアファンも納得の仕上がりとなっている。


163cmの身長にスリーサイズは上からB85・W62・H86。グラビアアイドルとしては理想的なスタイルだ。しかも透明感溢れる白い肌。目の前にいたら思わず手が伸びてしまう衝動に駆られてしまう。その高梨が今作ではY字形水着や下着風水着、チューブトップ水着やデザインニップレスなど大胆な水着を着用して自慢のスタイルをアピール。シーンによっては水着を脱ぎ捨てるなどヌーディーな姿も見られ、肌が露出された状態で彼女のスタイルを存分に楽しむことができるラインナップだ。


衣装や水着もさることながら、今作最大の見どころは、様々なシチュエーションの高梨を楽しめる点。『もしも瑞樹が…』というタイトルからもイメージできるように、今作の高梨は女子高生に警官スタイル、、さらにはCAにエステティシャンなど様々な設定に扮しており、コスプレファンにはたまらないシーンのオンパレードだ。


冒頭では女子高生スタイルで盗撮していた同級生(?)を連れ込み、ドS的なキャラでカメラに迫るが、SキャラからMキャラに変化するそのギャップに思わず萌えてしまう。個人的には警官スタイルのシーンをおすすめしたい。手錠された状態で両手を拘束され、そのシーンをスマホで映されて嫌がる仕草を見せるなど、よりリアルな雰囲気が楽しめるシーンだ。また、随所で第三者がスマホで撮影したような映像も散りばめており、リアリティーを感じさせる。


様々なシチュエーションを堪能することができる今作だが、高梨がえちえちになった印象も今作では目立つ。舐めシーンはもちろん、積極的にセクシーなポーズや表情、さらにはえちえちな台詞を発するなど、興奮度は極めて高い。それを平然とやってのけた高梨に拍手だ。元々スタイルが抜群な上に顔も二重丸と、グラビアアイドルとしての資質を全て兼ね備えていた彼女が、今作ではセクシーさを更に増幅。過激度が半端なく上昇しており、次回作以降が非常に気になるところだ。今後さらに過激度を増していくのか、その逆に引き戻していくのか、彼女にとって今作はエポックメイキング的な作品になるかもしれない。


高梨のDVD発売記念イベントは5月29日(土)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ