“踊るロケット爆乳” 東坂みゆ、ダンスで鍛えたメリハリボディさらにえっちに

グラビア 公開日:2021/05/15 11
この記事を
クリップ

ダンスボーカルユニット「フラミングの法則」のプロデューサー兼メンバーであり、また兄とコンビを組んでMー1にも出場した東坂みゆ。マルチな才能を発揮し、グラビアでは“踊るロケット爆乳”の異名を持つ東坂が、3枚目となるDVD『みゆパイDEいっぱい』(エスデジタル)をリリースした。


爽やかな赤のビキニで登場した東坂は「DVDの中でお掃除をしながらダンスを踊るシーンで着ている水着なんですよ。基本的に三角ビキニが大好きなので、これが作品の中で、いちばん踊るロケット爆乳が目立つので、この水着を選びました」と紹介。今作は1月に都内で撮影。作品について聞いてみると「いろんなDVDがあると思いますけど、その中でもどこを探してもないようなジャンルというか、アイドル好きの人もグラビアが好きな人も、お笑いが好きな人もみんなが楽しめるような内容が詰まっています」と胸を張った。「彼氏と旅行に行ったり、家で過ごしたりするお話しなんですけど、全部のシーンにダンスが入っていまして、チャプターごとにタイトルの付いたダンスになっています。自分のダンスボーカルユニットの楽曲で踊っていたりもして、Mー1グランプリに挑戦したときのネタもやって楽しい内容ですが、最後の夜のシーンとかはエッチな感じも出ていますので、見どころ満載です」とアピールした。


エッチな夜のシーンが気になるところだが、「黒いセクシーなハイレグを着ました。このシーンの前までは楽しいシーンばかりでしたが、ここでグッとエッチな雰囲気になっています。ここでM-1グランプリのときにやったネタを織り交ぜています。お笑いも入っていますけど、しっとりしたシーンなのでオススメです」と語った。


もっともセクシーなシーンはお風呂のシーンをチョイス。「初めてボディソープを体に塗ったんですけど、メチャ寒くて凍えながらの撮影でした。今までもそうなんですけど、なぜかお風呂のシーンは顔が映えるので、今回もかなり可愛く見えるんですよ。ボディソープをたらたら垂らされてセクシーに仕上がっています」と振り返った。


今後については「いまアイドルグループをプロデュースさせてもらっているんですけど、近いうちに姉妹グループを作ることになったんですよ。その両方をかけ合わせて、グラビア界の秋元康さんみたになれるような存在になりたいのと、グラビアアイドルとしてはバラエティ番組にもどんどん出れるようになりたいです。いろいろ頑張ります」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 42件)

関連タグ