『ミスFLASH2022』募集開始、“2021”の女神たちアザーカット公開

グラビア 公開日:2021/05/11 20
この記事を
クリップ

今年で16回めを迎える『FLASH』発のグラビアオーディション『ミスFLASH2022』の募集が、いよいよ始まった。


現役のミスFLASH2021はグランプリの益田アンナ、霧島聖子、名取くるみ、審査員特別賞の高槻実穂の4人。過去最大の盛り上がりを見せ、「史上最強」と謳えるほどの原石が集まった。4人集合のアザーカットと共に、募集ページを裏表紙で飾っている。


選考はネット生放送の「マシェバラ」「SHOWROOM」のほか、撮影会、読者投票などを通したサバイバル方式。グランプリに輝けばグラビアはもちろん、ドラマやバラエティ番組への出演など、活躍の場が一気に広がるチャンスだ。


応募の受付は昨年と同様に第1期と第2期に分けておこなっており、第1期の締切りは5月19日、第2期は6月4日まで。エントリーすれば各審査部門に慣れてもらうための「プレオーディション」(脱落者なし)に参加することができ、上位に入ればテレビ出演という特典も付与される。


サバイバルバトルの1stステージの開始は6月下旬からを予定。7月下旬からのセミファイナルバトル、9月初旬からのファイナルバトル。発表は2022年1月のFLASH誌面にて。詳細はミスFLASH2022公式サイトにて。今年はどんな逸材が現れるのか、注目だ。


写真◎岩松喜平


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)