台湾出身コスプレイヤー 王子妃、圧倒的スタイルと過激さでグラビア界に降臨

グラビア 公開日:2021/05/11 68
この記事を
クリップ

台湾出身の王子妃(おうじ・ふぇい)は、日本最大級のコミケなどに参戦して注目を集めている人気のコスプレイヤー。彼女がひとたび登場するやカメラ小僧がごぞっと集まるなど、コミケではすでにおなじみの光景が見られる。その彼女がグラビア界に進出、待望となる1stDVD『初めてのトキメキ』(スパイスビジュアル)をリリース。コミケで磨いたポージングをはじめ、ファッションモデルも顔負けの美しいボディラインにキリリとした美人顔がセクシーな女性に変貌するなど、初めてのグラビアDVDから見どころが満載だ。


コミケで話題を集めている王子妃のベールが明らかにされる。168cmという女性にしては高い身長にスリーサイズは上からB85・W60・H82(cm)という魅惑のスタイル。さらにバストはEカップと、細いけど出ているところは出ているという理想的なスタイルを誇る。その一端をコミケでも見せていたが、今作はグラビアDVD。大胆な水着姿となって自慢のスタイルをたっぷりと見せつけている。


まずはグラビアの王道でもあるビーチのシーン。いきなり胸元がガッツリと開いた過激な水着でバストの谷間が露わに。超ハイレグの水着でもあり、脚もスラっと長く見える。カメラが至近距離に寄ると、きめ細かい白い肌にズームイン。シーンが進むと水着の中に手を入れてバストを揉むなど、ビーチという人目に触れる場所でセクシーな仕草を披露した度胸の良さに拍手だ。室内に場所が移ると、セクシーさはさらに増長。ダボッとしたセーターを着ながら自らマッサージをするのだが、可愛らしい笑顔がいつの間にか妖艶な顔に変身する。最終的にはセーターを脱いで手ブラやカーテンでバストを隠す大胆なシーンも。前半から新人離れしたグラビアポーズを披露した王子妃。以降はさらに過激なシーンを繰り広げる。


車内では昼間にも関わらずセクシーに脱ぎ脱ぎタイム。お風呂では面積が極小のチューブトップ水着を着用しているが、色がベージュで肌の色と同化するなどヌーディーさが際立っている。しかもあろうことか、同シーンではえちえちなアイス舐めを披露。特にカメラが上から捉えたシーンは、上目遣いの目線でカメラを見つめながらアイスを舐めるなどセクシーだ。岩場のシーンではゴールドのビキニを着用してエロかっこよさをアピール。


そして怒涛の夜ベッドに突入するのだが、今作でも最高のセクシーさを見せている。赤いランジェリー水着を着用して大人の女性をアピールしながら男性にマッサージをされるのだが、シーンが進むにつれてグラビアの枠を超えた激しいシーンも。露出された肌に加え、恍惚の表情や随所で漏らしたセクシーなボイスがセクシーさを増長させている。初めてのDVDとは思えないエロティズムを感じさせるシーンが全開だ。昨今はレイヤーからグラビアに活躍の場を広げる者も少なくなく、来栖うさこはグラドル以上にえちえちなシーンを披露して話題に。王子妃も来栖に比肩するセクシーなシーンを見せており、次回作以降が非常に楽しみだ。


王子妃のDVD発売記念イベントは5月16日(日)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ