「フラミングの法則」リーダー 東坂みゆ、1年ぶりの“ロケット爆乳”に完全KO

グラビア 公開日:2021/05/06 29
この記事を
クリップ

お笑い芸人でもある兄・あづまひでのりと出演した昨年のM-1グランプリで「踊るロケット爆乳」を披露して話題に呼び、自身がプロデュースしているダンスボーカルユニット「フラミングの法則」でリーダーとしても奮闘中の東坂みゆ。


ダンス歴15年の経験を誇り、アメリカ大会の出場経験もある本格派で、ダンスの振付師としても活躍している。グラビアも積極的で、2019年4月にリリースした1stDVD『みゆパイ』を皮切りに、同年には『ミスFLASH2020』にエントリーしてファイナリストになるなどグラビアファンにも強烈なインパクトを残している。その彼女が久々のDVD『みゆパイ DE いっぱい!!』(エスデジタル)をリリース。自慢のダンスとHカップバストを全面に押し出すなど、見どころ満載の内容だ。


156cmの身長にスリーサイズは上からB92・W59・H90(cm)という数値からも分かるように、ダンスで鍛え抜いたスタイルは見ていて惚れ惚れしてしまう。しかもバストはHカップで、並み居るグラドルの中でも一際目立つロケットバストは東坂の魅力だ。昨年は週刊プレイボーイの企画「雨宿りしたい次世代下乳」番付で東の前頭筆頭に選出され、それを証明してみせた。


今作ではそんな東坂のバストを堪能することができるシーンが目白押しだ。冒頭では制服姿で登場する東坂。Y字開脚などで身体の柔らかさやキレキレのダンスを見せる一方で、朝のシーンでは過激なシャツを着用して下乳を強調。フラフープダンスの前では器具をバストに突っつかれたり器具を谷間で挟むお色気のシーンも。バスルームではヌーディーなベージュのチューブトップ水着を着用するなどバストを楽しめる水着で、しかもボディソープをセクシーな手付きでバストに塗りまくるなど、見どころのシーンだ。同シーンは、立体的なバストはもちろん、プリッとしたヒップも堪能することができる。バランスボールに興じたシーンでは、レオタードを着用。胸元の深い谷間に視線が釘付けで、動く度にバストが揺れまくる。同シーンでは得意のダンスも披露。そのキレ具合も必見だ。また、彼氏と過ごす自宅のシーンでは、巨乳ならではのパイスラも見せている。


その東坂だが、今作ではセクシーなシーンにも果敢にチャレンジ。前半に登場する彼氏を起こすシーンでは、イチゴを練乳にかけて食べるのだが、その練乳を身体に垂らすなどかなりハードなシーンも。お風呂のシーンではカメラ目線での誘惑の仕草を、バランスボールのシーンではボールに乗りながら卑猥なダンスを披露している。極めつけは何と言っても夜ベッド。着衣でもえちえちな体型が楽しめるノースリーブのバストを強調したセーターを着用しており、そのセーターを脱ぐと黒のセクシーなY字形水着となってより直接的にセクシーさをアピール。脱がされた状態でアイスを舐めるシーンは、もはやグラビアDVDの枠を超越したシーンと言える。現役アイドルでもある彼女がここまで披露してくれたことに拍手を送りたい。


東坂のDVD発売記念イベントは5月15日(土)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ