『ミスFLASH』史上最高峰美貌 益田アンナ、羨望のスレンダー美ボディにため息

グラビア 公開日:2021/05/05 80
この記事を
クリップ

レースクイーンチーム「2017 Pacific Fairies 9」メンバーとして活躍。サーキットで羨望の眼差しを一手に受けたそのスレンダーボディと美貌は、モーターファンにも鮮烈な印象を与えた益田アンナ。翌2018年には、ファッション誌「JELLY」の専属モデルに抜擢され、『週刊プレイボーイ』で初グラビア。さらに激戦と言われた『ミスFLASH2021』でもグランプリを戴冠。その美しいビジュアルは、歴代グランプリのなかでも最高峰との呼び声が高い。


165cmの恵まれた身長に、 B79cm-W58cm-H87という至宝のスレンダーボディ。バストサイズは70代だが、華奢なためカップ数はDと、たわわな膨らみがそそる。高嶺の花と思われがちだが、意外と天然キャラ。関西人でノリも良い、親近感の沸く美人として根強い人気を博しているそんな益田のグラビア本格始動となるDVD『ミスFLASH2021/益田アンナ』がラインコミュニケーションズから発売された。


「おはよ。ほんまにねぼすけやな♡」と、至近距離で起こしてくれる益田は、男性の誰もが憧れる彼シャツ姿。宮古島のきらめく陽射しの下、ビーチではしゃぐ彼女は、つば広のストローハットにネイビーカラーのビキニ。上品な笑顔と、二度見してしまうほどボディラインに圧倒されてしまい、さらに白のハイネックハイレグ姿の美しさもNo.1。化粧品のキャンペーンガールのようなインパクトで息を呑むほどに綺麗だ。夜のとばりが下りれば妖艶なオンナに変貌。ダークグリーンのビスチェを纏い、色っぽい眼差しで誘うように見つめる。ビスチェの締め付けに耐え切れなくなった美バストが深い谷間を作り、きゅっと上を向いた美尻にも翻弄されてしまう。


「ちょっとこっち来て手伝って!」関西弁で洗車のヘルプをお願いする彼女は、ビキニ&白のタンクトップに超ミニデニムパンツ姿。そんなえっちな出で立ちな彼女にホースを向けて水攻撃のイタズラを仕掛けると、「ちょっと!車洗ってーやー!でも、ちょっと気持ち良いかもー」となんだか嬉しそう。びしょ濡れになったデニムを車内で脱ぎながら「だいじょうぶかな?」と外を気にしながらも、ボーダービキニ姿になって「めっちゃ汗かいた」と、ぶっきらぼうに言いながらも、そのあとのお楽しみを予感させるドキドキ感に苛まれる。


夕映えのボルドーカラーのビキニ姿も見逃せないし、キッチンでは手料理を振る舞い、念願の「あーん」もしてくれる益田。王道のイメージDVDでありながら、彼女の美貌には参ってしまう。“ミスフラ”史上最高峰の評価に偽りナシ。ぜひ一度益田の魅力に触れて欲しい。






※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)