熊切あさ美、40代も進化し続けるボディと芳醇な大人の色香に圧倒

グラビア 公開日:2021/05/04 167
この記事を
クリップ

現在はタレントとして地上波などに出演する傍ら、プロ雀士としても活躍している熊切あさ美。


1998年のデビュー以降、グラビアにも積極的で、自慢のスタイルと豊満なバストで公私にわたり多くの男性を魅了し続けている。昨年6月には16年振りとなる写真集をリリース。重版がかかるなど好セールスを記録したのは記憶に新しく、自身を「第4次ブーム」と呼ぶなど大きな話題を集めた。不惑の40代に入ってもいまだ衰えを知らない熊切。最新DVD『ありがとう』(竹書房)では、グラビアレジェンドの名に相応しい圧倒的なグラビアを見せている。


昨年は16年ぶりの写真集『Bare Self』と関連したDVD『再恋』で10年振りにグラビアDVDをリリースした熊切。まさに昨年はグラビア復帰を果たした1年で、写真集とともにDVDも好セールスを記録し、その影響もあってカレンダーまで発売された。復帰当初は40歳だったが、正確に言うと前途した写真集やDVDは39歳の時を切り取っている。


細かいデータはさておき、10年前に比べても変わらないスタイルにはファンならずとも驚かされた。むしろ大人の色気を漂わせており、女性としてさらに進化した姿で往年のファンや新しいグラビアファンに衝撃を与えた。その彼女がさらに進化させたボディを今作で見せている。冒頭からいきなりビーチのシーンが映し出され、ビキニ姿で露出した自慢のボディを大胆披露。思わず見惚れてしまうそのボディは相変わらず美しく、さらに研ぎ澄まされた印象すら覚える。室内に場所を移すと、「起きて♪」と至近距離で発する熊切の顔が映し出され、ベッドの上でセクシータイムが展開されていく。ブラジャーを外し、シーツだけでバストを隠すセクシーショットも。そのシーツから溢れ出そうなバストの膨らみに思わず視線が奪われてしまう。


お風呂ではベージュのチューブトップ水着を着てヌーディーさを演出。自身の身体を洗った後、下の水着をズラして半尻を見せるなどベテラングラドルに相応しいギリギリのショットだ。コスプレのシーンも収録しており、CAをモチーフにした衣装をベッドで脱ぐシーンも見どころだ。白いシャツにタイトなミニスカートの姿も捨て難いが、その衣装を脱ぐとさらにエロさが倍増し、自らバストを揉むなど手ブラも披露している。さらに見どころのシーンが続き、黒のセクシーなドレス風衣装に身を包んで彼氏と思われる男性とお酒を飲むシーンに。「なんかお酒飲んだら身体が熱くなって来ちゃった…」とセクシーな声でささやきながら、ベッドの上で誘惑の時間だ。最終的にドレス風衣装を脱ぎ捨てて上半身を裸になるなどこれまでにない露出の高い姿を見せてくれた。


水色のY字形水着のシーンでも水着をズラしたセクシーショットを。2回目のお風呂のシーンでは透けた衣装が濡れるなどセクシーさを演出。表情も大人フェロモンが漂う絶好のシーンだ。そしてラストを飾る喪服のシーン。最終的にブラを外して手ブラを披露するなど、これでもか!というぐらい露出の高いシーンで視聴者を興奮させることだろう。鍛え抜かれたボディと大人の色気を存分に見せつけた今作。進化し続ける熊切の姿が映し出されている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ