NGT48本間日陽 1st写真集、表紙デザイン4種&タイトルが決定

グラビア 公開日:2021/04/29 14
この記事を
クリップ

NGT48エース本間日陽、待望の1st 写真集のタイトルが『ずっと、会いたかった』(光文社)に決定した。


地元・新潟と沖縄をロケ地とした本作は、温泉や一面の雪景色、透き通る海まで、多彩なロケーションで「新潟の太陽」と呼ばれる輝く笑顔を撮影。眩しい水着姿から、新たなヒロイン誕生 を予感させるフォトジェニックな横顔——。


撮影はインスタグラムで12万人のフォロワーを持ち、数々のタレント・インフルエンサーから支持される、今、一番旬なフォトグラファー酒井貴弘氏。エモーショナルな「彼女感」満載の一冊に仕上がった。 このたび、タイトルのほか、カバーカット(通常版、楽天ブックス版、HMV&BOOKS online 版、セブンネット版)が解禁された。


通常版カバーとなるカットは、新潟での撮影の 1 ポーズ目に撮影された。自然体な今の姿を見せたいという写真集への思いから、スタジオではなく、実際に人が暮らすマンションの一室で撮影。ヘルシーなデコルテラインが眩しい 1 枚だ。一連のカットは、実際の住居で撮影したことで、ほどよい生活感の中でリラックスした表情も見せている。

 

<通常版カバー本間日陽コメント>

タイトルは『ずっと、会いたかった』に決まりました。皆さんにやっとご報告できてうれしいです。この表紙のカットは、1 ポーズ目の撮影で、もう少し緊張するかなと思ったのですが、撮影が始まった瞬間からとても安心して臨めました。めちゃくちゃ私のお気に入りだったので、これが通常版カバーに決まって本当にうれしいです! 



【楽天ブックス限定カバー】

沖縄で撮影された素肌の美しさにこだわったアップショット。笑顔の印象が強い本間だが、ナチュラルさと同時に、まっすぐに見つめる視線による「意志の強さ」も印象的だ。 


<楽天ブックス限定アザーカバー本間日陽コメント> 

今回の写真集で撮影したすべてのカットの中で、ナンバーワンのアップのカットなので、皆さんにすぐに見つけてもらえるんじゃないかなと思います(笑)。 



【HMV&BOOKS online 限定カバー】 

朝から雨が続く撮影日だったが、透明感抜群の離島のビーチは、雨によってエメラルドグリーンに輝く幻想的な雰囲気に。薄手の白いワンピースで佇む 1 枚。 


<HMV&BOOKS online 限定アザーカバー本間日陽コメント> 

沖縄で撮影した中でも一番といってもいいほど、お気に入りです。普通、沖縄だと晴れた青い海というイメージだと思いますが、逆に雨のビーチがここまで綺麗になるのは沖縄ならではだと思いました。 


【セブンネット限定アザーカバー】

ボリュームのあるフリースパーカに包まれ、まさに「新潟の太陽」というキャッチフレーズ通りの透明感のある笑顔を見せる本間。この衣装は新潟のスキー場と沖縄のスタジオ両方で撮影。雪の中の太陽を連想させる、本写真集を象徴するような1枚。 


<セブンネット限定アザーカバー本間日陽コメント> 

もこもこの青いパーカーが特徴です。この衣装は、この本の中でも、とてもいい味を出しているので、お気に入りのカットです。新潟っぽさも感じられると思いますので、ぜひチェックお願いします。



<本間日陽コメント>

今回、カメラマンの酒井さんをはじめ、とても素晴らしいスタッフの皆さんのおかげで自分の想像以上に楽しい撮影ができました。これまで多くのグラビアをやらせていただきましたが、これが新しい自分をお見せする、ということなんだと実感しています。わたし自身、1st写真集発売にわくわくして仕方ないので、ぜひたくさんの方々に手に取っていただけたらと思 います。


撮影/酒井貴弘 ⒸKOBUNSHA



本間日陽1st写真集 ずっと、会いたかった

撮影:酒井貴弘 

光文社刊 

発売予定日/2021 年 5 月 19 日(水) 

定価/2000 円+税 

判型/B5 判変型ソフト 特製付録あり

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)