藤井マリー 2年ぶりDVDでカラダが進化、引き締まったボディにうっとり

グラビア 公開日:2021/04/17 26
この記事を
クリップ

2017年にレースクイーンデビュー。サーキットで活躍する傍ら、恵比寿マスカッツのメンバーとしても2年間活動。日本人離れした超絶スタイルで魅了する藤井マリーの2枚目となるDVD『マリーゴールド』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントが東京・秋葉原のソフマップで開催された。


イベントには黒のセクシーなビキニで登場。「わりとスタイリッシュな水着が好きなんですよ。あまりフリフリした感じよりは、こういうのが好きなんですよ。シンプルなのが一番体に映えると思って、ナチュラルでシンプルな水着を選びました」とコメント。昨年12月に沖縄で撮影された今作は、「彼と一緒に過ごして、私から彼を誘惑して攻めている感じです」と説明。シーンについては「彼にナースのコスプレをしてほしいって言われて、ナースの恰好をするんですけど、そこからどんどん脱いでいって誘惑しています。お医者さんごっこみたいなこともしました」と紹介した。


お気に入りのシーンは「セクシーな水着を着てボクシングをするシーンがあるんですよ。プライベートでも週に3回はボクシングジムに通っていまして、本格的な感じでパンチとか出しています。セリフとかはなかったんですけど、爽やかで一番素が出ていると思います」と話し、セクシーなシーンについては「タイトルが『マリーゴールド』ということもあって、マリーがゴールドの水着を着てみました(笑)。撮影は天気が悪くてお部屋で撮ったんです。本当は外で夕陽と一緒に撮りたかったですね。ゴールドビキニのテカリ具合が私の丸みに反射している感じが自分で見てもセクシーだなと思います」と満足げな表情を浮かべた。


2年ぶりのDVD発売となったが「ファーストDVDがグラビアのデビューだったんですよ。そのときは恥ずかしがっている感じがありました。当時の体の形も自分では納得していませんでした。2年前の取材のときはDVDの採点は50点にしたんですよ。今回は2年の間にボクシングをやったりジムに通ったりして、自分の体を引き締めました。気持ちも体も引き締めて挑んだ作品だったので、すごく楽しく撮影させていただきました。70点ですね。もうちょっと頑張れるかなと思いました。まだまだ満点にはなりませんね。次もDVDを出したいですけど出せますかね?正直不安です。もし需要があれば3枚目を出してみたいです」と意気込みをみせた。


今年からレースクイーンの傍らアーティスト活動をスタートしたそうだが「2月にMushream(マシュリーム)というガールズユニットを結成したんです。3月にCDデビューさせていただきまして、リリースイベントもやっていますし、渋谷の街頭ビジョンなどでも紹介されていますので、ぜひMushreamもよろしくお願いします」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ