たわわGカップ万理華、撮影会では着ない”ちっちゃめビキニ”「気合い入ってます!」

グラビア 公開日:2021/04/17 26
この記事を
クリップ

アナウンサーを目指し専門学校に通っていた時に芸能活動を開始。アイドルグループにも所属し、イベントコンパニオンとしても活躍した万理華。


親しみやすいキャラクターと明るい笑顔は、人見知りの男性にも気さくに会話が出来そうで、いるだけで楽しくなる“おねえさん”。ボディは161cmの身長に90cmのたわんたわんなGカップを装備。透き通るような美白もちもちバストは張りと柔らかさは絶妙で、形もまんまるでまさに美巨乳。その白さから、出身で“ふるさと大使”も務める富山の名産を配し“白えびボディ”として今注目のグラビアアイドルだ。


カメラを向ければ、エロい表情をしたかと思えば、おどけてみせる笑顔を溢れさせたり、七変化な魅力を振り撒いている。そんな万理華の4枚目のDVD『誘うカラダ~いけない万理華お姉さん~』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントが、秋葉原・ソフマップで開催された。


白のマイクロトップスに、春らしい黄色のボトムのツートンビキニで登場した万理華は「裏ジャケットにも載っている、布団のシーンで着ている衣装をイメージして、自分で持ってる水着で合わせてみました。けっこうDVDの衣装を撮ってみたいという方がいらっしゃるので、衣装をお借りすることが難しいので、出来る限り再現してみました。上だけは買ったんです。いつも撮影会ではちっちゃいビキニは着ないんですけど、やっぱりイベントなんで気合入れて来ました!」と、ファンのために頑張ったセクシービキニで意気込みを見せたが、ちなみに2着目も大胆なボルドーカラーの眼帯ビキニだった。


今作は河口湖でロケを敢行。「カメラマンの彼と撮影旅行を兼ねて温泉旅行に行くんですが喧嘩しちゃうんです。そんななかに出会った青年とイケない関係になっちゃうというストーリーになってまーす!」とにこにこ。濡れる女性が好きだという、意外なフェチを持つ万理華が、自分自身も濡れたシーンがお気に入りだと絶賛。「水色の眼帯水着でも温泉のシーンなんですけど、濡れて艶やかになって好きですね。もしかしたら富士山が映っているかもです」と紹介。さらに今作で目を惹くのはサスペンダー衣装だが、「これ、衣装合わせのときにびっくりしたんですけど、ホントにもうサスペンダーをそのまま着けてショートパンツだったんです。でもビリアード台に乗ったりして遊んでます。ずれたりはしなかったんですよー。すいません」と笑った。


セクシーなシーンについて問われると、バス車内のシーンだと即答。「結局彼氏を置いて、青年を追っかけてバスに乗るんですが、ここで黒のランジェリーになったり、シートベルトで胸を動かされたり、“やられている”自分というのがセクシーで好きですね」と、エッチなシーンに興奮気味の万理華だが、今回の設定のような“二股”については否定的で、「ダメですよ!ダメ!私がけっこう一途なんですよ。アニメとかアイドルとか好きなんですけど、DD(誰でも大好き)ではなくて、誰かひとりを好きになるので。やっぱり人間関係も一途に行きましょ!」と力を込めた。ちなみに万理華の推しは、元アイドリング!!!の遠藤舞で、最近ではZOCの西井万理那だそうだ。


撮影会は月に1回~2回出演している万理華。5月2日(日)には、プール撮影会の参加が決まっている。詳細は後日発表される。今年も“えっちなおねえさん”の快進撃は続く。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 101件)

関連タグ