セクシーすぎるピアニスト高木里代子『廻廻奇譚』を超絶JAZZアレンジ

グラビア 公開日:2021/04/13 3
この記事を
クリップ

セクシーすぎるピアニストとして人気の高木里代子が10日、自身のYouTubeチャンネルにて動画『【呪術廻戦】廻廻奇譚 ジャズピアニストがガチで弾いてみた。 Eve /高木里代子 Jujutsu Kaisen 「Kaikai Kitan」』を公開し、大きな話題を呼んでいる。


今回高木がカバーした曲は、現在大人気のアニメ『呪術廻戦』OP主題歌の『廻廻奇譚』(Eve)。原曲をピアノで弾くだけでも、かなりの難曲である『廻廻奇譚』を、高木は自らのテクニックを駆使し、オリジナルのジャズアレンジへと見事変貌させた。


動画の視聴者からは「圧倒的迫力ー-ー-ッ‼️‼️カッコよ過ぎて惚れ惚れします!」「キレの良い演奏にノリの良いサウンド。確かに演奏は難しいそうだけど、里代子さんの姿からは楽しんで弾いているとしか見えないです。コスチュームやウィッグも楽しさアップの演出ですね。今晩も楽しい配信をありがとうございました。」「難しい曲に アレンジを加えるとは 流石、里代子さんだね‼️素晴らしいピアノ演奏をありがとう!衣装も素敵でした!」など、国内外問わず、高木のジャズアレンジに大きな反響が寄せられ、『呪術廻戦』の作中に登場するキャラクター “釘崎野薔薇” をイメージした衣装にも多くの注目が集まった。


また、「「アドリブも魅せたい!」てなわけで!2:18くらいのとこからは、原曲の中のコード進行に沿いながら、ジャズ的なアドリブを入れてみたよ〜〜!」と、高木はブログで追求。途中から展開される高木の超絶アドリブも必見だ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ