桜りん “イケないこと大好き”⁉ 「大人セクシーでじわじわ焦らしたい」

グラビア 公開日:2021/04/14 26
この記事を
クリップ

2016年渋谷でスカウトされ、アイドルグループのメンバーとして芸能界入りした桜りん。なんとも品があってほっこりとした空気を纏ったお嬢様な風貌でありながら、実は92cmのたわわなFカップが隠れていた。そんな可愛くてボインな彼女をグラビア界が放っておくわけはない。『ミスアクション2017』準GP、『ミスヤングチャンピオン2018』特別賞と、バトル系オーディションでめきめきと頭角を現した。



現在は立ち技打撃格闘技「RISE」のROUND GIRLSとして、気迫蠢くリングに一服の安らぎを添えている。品性とエロさのバランスがそそるボディで、意地悪なえっちな質問にも笑顔で答えるノリの良さは、今の職業が天職のような女神だ。そんな桜が4枚目となる新作DVD『淫らで陰湿な片思い』(エアーコントロール)を発売。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


「今まで赤とかあまり着たことがなかったんですが、大人っぽさを出したくって追求した結果、この色になりました。このイベントのために買ってきました。高かったんですー。1着16,000円で、2着着るから30,000円以上…」と、ファンの為に奮発したおNEWのビキニで登場した。


半年ぶりの新作は「ナースとのイケない関係」が主軸のストーリー。裏ジャケットにも採用されている、亀甲デザインのエロいボンデージ衣装がおススメだと言い、「棒を使ってつんつんされたり、羽根で攻められたりしてます。おっぱいの形を全部曝け出してることがあまりないので恥ずかしかったですね。基本Mのほうが多いのですが、Sも演じたんです。楽しくて、私Sっ気があるかもです。新たな自分を見つけられたかな?覚醒しちゃいました♡」と、新しい扉が開かれて嬉しそうな桜。「あとは車の中のシーンで、ニットを着て最初“着衣エロ”な感じで、だんだん脱いでいったらジャケット写真のスケスケY字になりますが、もう裸に近くて、初めての感覚でした。ここではかなり舐めてちゃってます。飴ちゃんを(笑)。おいしかったですー」とケラケラ笑っていた。


桜と言えば、グラビア界随一の“柔軟ボディ”の持ち主だが、今作では「前がぱっくり開いた競泳水着を着てやってます。私の柔らかさを観たい方はぜひこのシーンを観て欲しいです」とアピール。さらに期待できる最もセクシーなシーンには、最後のチャプタの夜ベッドを挙げ「胸の下のワイヤーと、“ぺた”(バストトップはシール)みたいな、赤いランジェリーになるんですけど、ほぼ着けてないみたいな、ふふ。ここは胸の柔らかさが分かりやすい画かなって思います」と自信をみせた。


前作では、ベッドのシーンで「気分がエロくなっちゃいました」と告白した桜だが、「今回はほぼほぼエロくなってますね(笑)。ベッドのシーンが2回あるのと、特にシャワーのシーンでは高まりました。需要があればこっちにシフトチェンジしようかな。行き過ぎずじわじわ焦らしたいなと」と、翻弄した。


また、前作は3年ぶりのDVD発売となったが、今回復帰2作目となることについては「嬉しいです、この感覚が味わえて。やっぱりDVDの撮影が大好きなので、どんどん出していきたいなと。大人のエロを追求したいと思います。人妻役とかで、寝取られたいです。イケないことが大好きなのでDVDの中で味わえたら満足です。プライベートでは良い子にしてまーす。うふふ」と、欲望が溢れ出てしまったようす。ファンにとってはさらなる“ネオ桜りん”が覚醒する予感を感じたのではないだろうか?今年も期待しかない。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 81件)

関連タグ