“芸術的Iカップ” 山岸楓 セクシーシルバービキニで悩殺、これで3色完結

グラビア 公開日:2021/04/10 11
この記事を
クリップ

昨年グラビアデビューを果たした山岸楓、バスト98cmのIカップに愛くるしい笑顔が魅力で瞬く間に注目になった。そんな山岸が3枚目となるDVD『楓に恋して』(スパイスビジュアル)をリリース。発売記念イベントを秋葉原のソフマップで開催した。


シルバーのセクシーなマイクロ水着でイベントに登場した山岸は「ファーストでは金色の水着で、2枚目は赤のテカテカを着ました。じつは今日の衣装を含めて3枚セットで、この水着が最後なので、ようやくみなさんに披露することができました」とにっこり。


昨年10月に沖縄で撮影された今作。「沖縄は1枚目に続いて②回目だったんですけど、ファーストのときと同様に雨でした。しかも風もすごくて髪の毛がオールバックになってしまうほどでした」と振り返った。内容については「同級生の男の子に恋をする女子高校生に挑戦しました。ちょっとドジなんですけど、積極的にアプローチをしています」と説明。どのようなシーンがあるのか聞いてみると「セーラー服を着たり、コンシュルジュになったしています」と紹介。


おすすめのシーンは「運動をするシーンがおすすめですね。胸がメチャ揺れています。定番のバランスボールとかもやりましたけど、坂道ダッシュは本当にすごいです。チューブトップの水着を着て全力で走りました。10本くらい走ったんですよ。久々にたくさんダッシュしたので楽しかったです」と話し、「ポロリは大丈夫でした。私の胸は優秀です」と胸を張った。続いてセクシーなシーンについて紹介してもらうと「コンシュルジュの制服を着ているんですけど、中に着ている黒のワイシャツをはだけさせているんですよ。服を着ていますけどこれ露出度は高めです。衣装合わせのときに胸の部分まで布がなくて、あとから布を追加したんですよ。それでも布が少なくて、横から見たときの迫力がすごいです」と明かした。


全体的にコスプレの要素が多い今作だが「これまでセーラー服とかを着るJK役をやることが多いんですけど、制服を着るとちょっと若返った気持ちになるんですよ。17歳くらいのときの状況で時が止まります。20歳を過ぎましたけど、まだまだJKはできると思います」と語った。


今後DVDでやってみたいことについては「いつもJK役ばかりなので、違う設定に挑戦したいです。ちょっとお姉さんっぽい成人した女性をやってみたいです。OLとかもいいですね」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 41件)

関連タグ