咲かせて見せますグラビア道 望月琉叶、スレンダーEカップに惚れた

グラビア 公開日:2021/03/26 29
この記事を
クリップ

2020年7月にシングル『失恋慕情』で日本コロムビアからメジャーデビューを飾った望月琉叶。オリコン週間演歌ランキングで初登場1位となり、演歌歌手として絶好のスタートを切った。その彼女だが、アイドルユニット「民族ハッピー組」のメンバーとしても活動中。さらにはグラビアにも積極的で、昨年11月に『週刊プレイボーイ』でウットリするような極上の肢体を露わにした。その彼女が待望の1stDVD『初恋歌姫』(竹書房)をリリース。彼女のファンはもちろん、グラビアファンも歓喜するグラビア作品に仕上がっている。


これまで週刊誌でのグラビアしか発表してこなかった望月。その彼女が初めて動画となるグラビアDVDをリリースし、今作は立体的に望月の極上ボディを堪能することができる。身長は153.5cm、スリーサイズは上からB83・W58・H82(cm)。グラドルの系列で言えば、スレンダーに分類されるが、腰からヒップにかけてのクビレ感は、並み居るグラドルの中でもトップレベルに比肩するレベルだ。さらにバストは意外にも豊かな膨らみのあるEカップ。スレンダーながらもEカップという、まさに理想的なスタイルが望月の魅力でもある。その彼女が今作ではメイド役を熱演。ベタながらもメイド服は胸の谷間を強調したセクシー衣装で、さらにはミニスカでパンチラを見せるなどお色気もたっぷりだ。まさに"キュート&セクシー"なシーンと言える。


お風呂のシーンでは透け感たっぷりのチューブトップ水着を着用。目を細めれば見えそうな水着で、彼女の凹凸感をたっぷりと堪能することができる。家庭教師的なシーンではメガネをかけてノースリーブシャツを着て豊かなバストをアピール。さらにはミニスカという理想的な女教師の姿でカメラの向こう側にいる視聴者を誘惑する。最初はドS的な表情を見せた望月だが、次第に衣装を脱ぎ捨ててサービスショットを披露するなど、次第にM的な姿へと変貌していく。ビーチに移れば、オレンジのビキニ水着となって極上のスレンダーボディが太陽の光に照らされる。まさにグラビアの王道的なシーンで、ビーチを走ると自然にEカップのバストが揺れまくるシーンは必見だ。バランスボールのシーンではレオタードを着用。ピタッとした衣装なだけに、身体のラインがはっきりと分かる。続けて制服を着用したコスプレのシーン。アイス舐めを披露したかと思えば、日本家屋の縁側でセクシーに脱ぎ脱ぎタイムがスタートする。カメラが水着に隠れたバストをズームイン。Eカップのバストがやたらと大きく見える瞬間だ。


昼間のベッドではタンクトップから見える下乳をカメラが捉える。タンクトップを脱ぎ捨てて手ブラ的なシーンを見せるなど、前半のキュートさとは打って変わり、大人の色気を全面に押し出したシーンだ。ラストを締めくくる浴衣のシーンも必見で、外ではキュートな姿を見せていた望月が、部屋に戻ると妖艶な姿を披露。24歳の大人の色気が爆発する。純粋に新人グラドルとは言い難いが、可愛らしさと大人の色気を融合させるなど1stDVDから完成度がグラビアを見せた望月。演歌やアイドルとしての活動はもちろん、今後もグラビアでの活躍に期待したい、新たな逸材の誕生だ。


望月のDVD発売記念イベントは4月3日(土)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定、直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ