絶品プロポーション 吉澤遥奈「じつは密かにスタイルには自信があって(笑)」

グラビア 公開日:2021/03/26 19
この記事を
クリップ

3月26日発売の『FLASHスペシャル グラビアBEST 2021年春号』(光文社)では、吉澤遥奈が登場している。


『ミスマガジン』で『ミスヤングマガジン』を受賞し、芸能界入りした吉澤遥奈。応募時には事務所に所属していない女子高生だったが、ミスヤンマガをきっかけにオスカープロモーションに所属した、というシンデレラストーリーの持ち主だ。インタビューでは抜群のプロポーションを維持する秘訣、これからの展望について、明るく話している。


―明るい笑顔が印象的です!

ありがとうございます!

天気がよか ったので気持ちも上がって、楽しく撮影できました。じつはまだまだ水着での撮影に慣れていないので…外で洋服を着て撮影したときが表情はいちばんよかったかもしれません。どうでした? 


―外では弾けてましたね。でも、水着姿も堂々としたものだと思います。「ミ スヤングマガジン」に選ばれてから一気 にここまできましたが、グラビアに対す る憧れみたいなものがあったのですか?

芸能界にはもともと興味があって、 15 歳のときに「ミスセブンティーン」のオ ーディションでファイナリストになったんです。そのときに初めて雑誌に出て、 家族も喜んでくれて…。その後、オーデ ィションで隣にいたコがドラマに出ているのを見て「羨ましいな」って。で、どうすればいいかを考えたときに、けっこう褒めていただけるスタイルを生かそう! と。じつは密かにスタイルには自信があって(笑)。中学3年生くらいかな、着替えの時間に同級生から褒められて、「武器になるかな」って(笑)。その ころは腹筋もほどよくついていたんです。


Ⓒ矢西誠二、光文社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ