青山めぐ 久々「月曜から夜ふかし」出演、“乳首シリーズ”をカレンダーにして完結

グラビア 公開日:2021/03/23 35
この記事を
クリップ

青山めぐが久しぶりに『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)に出演した。


青山といえば同番組で、太ももに腕時計よろしく「もも時計」をはめて、時間を聞かれるとスカートを捲って美脚&健康的な太もも露わにしバズった美女。以降、さまざまなセクシー実証企画に挑戦、近年では「なにが一番乳首に見えるか」シリーズで各季節の行事ごとに登場していた。


青山のマネージャーから「最近、うちの青山出番少ないじゃないですか?今回事務所側ではなく、本人から“乳首シリーズ”の企画でカレンダーを作りたいと」と、季節ごとの乳首を12か月分集めて、夢のカレンダーを作成したいというたっての願いがあると持ち掛けた。そこでカレンダー撮影現場に潜入した“夜ふかし取材班”。


1月おせちの黒豆、2月節分の豆、3月五人囃子の太鼓と小鼓、4月花粉症の錠剤、5月鯉のぼりの矢車、6月傘の先っちょ、7月海開き 浮き輪のここ(空気穴)、8月蝉の抜け殻、9月お月見の団子、10月栗のイガ、11月七五三の千歳飴、12月イルミネーションの電球、と苦しいものもあれど、錚々たるラインナップで1年を飾り切ったカレンダーは非売品。後ほど村上信五に贈られるそうだ。マツコは6月の「傘の先っちょ意外とすごくない?」と評価していた。




※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ