“CYBERJAPAN DANCERS” KAREN、ヒップも透けてる自作ドレスで悩殺

グラビア 公開日:2021/03/14 18
この記事を
クリップ

CYBERJAPAN DANCERSのメンバーとして活躍するKARENが初となるソロ写真集『KAREN 1st solo PHOTO BOOK』(トランスワールドジャパン)をリリース。発売記念イベントを東京・三省堂書店池袋本店で開催した。


写真集の中でも着用したゴージャスなドレスで登場したKARENは「胸元が大きく開いているんですけど、お尻のところも開いているデザインにしたかったんですよ。どこにもないドレスを着たかったので、この衣装は自分で作りました」とコメント。初のソロ写真集を手にした感想は「撮ったのが冬の季節だったんですけど、夏っぽいギャルな感じを入れたかったので、それも実現できて、明るくていい写真集になりました。全部メイクとか衣装も自分でこだわってみたので、私らしい感じが出せたと思います」と満足げな表情を浮かべた。


写真集の反響について聞いてみると「みんな喜んでくれていますけど、グループで初めてのソロの写真集ということだったので、そこを誉めていただけることが多くて、うれしさを実感しました」と振り返った。


一番のお気に入りのカットについて聞いてみると、黒のセクシーなランジェリー姿を選び、「この写真集の中では一番露出度は高いんですよ。衣装は私のセクシーさを最大限に表現できました。この日のために体作りを頑張って、腹筋とかかなり意識して作りましたので、いい感じにすべてが出せたと思います」と紹介した。


撮影エピソードを聞いてみると「プールでのシーンを撮影をしたんですが、撮影が冬場だったこともあって、水温がかなり低くて全身ガクガク震えてました。寒かったので全身が鳥肌になってしまいました。修正でも鳥肌が消せず、そのまま写っているので、そこも見どころです」と明かした。


写真集を出すキッカケについては「今までにグループでの写真集は出していますけど、突然オファーをいただきました。ソロで写真集が出せる日が来ると思ってもいなかったので、とてもうれしかったんです。二冊目の写真集も早く出したいです」と意気込んだ。


今後の目標については「次回も写真集を出すことも目標ですけど、コロナの影響でイベントなどがなくなったりとかで、今までのやってきた活動と違う毎日が続いているので、今後は新しいことを探し続けて活動をしていきたいです。できれば自分の洋服のブランドを作ったりしたいです。スポーツも好きなのでスポーツ分野だったりとか男性が一緒に着られるようブランドがいいですね。美容とかダイエットにも好きなので、そういうことも発信できたらと思います」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)