工藤唯 衝撃与え続けた稀代のJカップDVDでは見納め、ラストシーンで結婚!?

グラビア 公開日:2021/03/07 34
この記事を
クリップ

デビューから衝撃を与え続けていたJカップグラドルの工藤唯が、9枚目となるDVD『Last memory』(スパイスビジュアル)をリリース。今作が工藤にとってDVDを発売するのは最後。迫力ボディの見納めの作品になっている。


ラストDVDは、昨年9月に都内近郊で撮影されたもの。内容については「大学の同級生と付きあうようになって、そこから結婚するまでを詰め込んだ作品になっています」と説明。印象的だったシーンは夜のプールだそうで、「夜のプールって初めてなんですよ。彼氏とふたりではしゃいでいるんですけど、そこで彼氏を誘惑しています。プールの中にライトがあって、その明かりが私に当たりすごくいい雰囲気になっています」と紹介した。


セクシーなシーンについては「キャビンアテンダントの制服を着て、それを脱ぐとワイヤーでできている下着姿になるんですよ。ここでセクシーにお尻とか太ももを揉まれたりとか、もちろん胸も揉まれているので、そこはわくわくしながら楽しめるシーンだと思います」と話した。かなり際どいシーンの連発のようだが、「この後は最後まで脱いでしまって最終的には片手で両方の胸を隠しました。胸が大きいので片手で隠すのが本当に大変なんですよ。指をしっかり閉じるのが大変で、すぐ指が開いちゃってました。手汗も多い方なのでポロリばかりしていました」と告白。「透け透けのワンピースっぽい下着で登場するんですけど、それはウエディングドレスっぽい感じの衣装なんですよ。そこで“一緒にいましょう”みたいにちょっとに匂わせるようなことを私が言っているので、これが結婚のキッカケになっています」と明かした。


今作がDVDの発売が最後ということだが、「グラビアを辞めるということではないんですよ。DVDは楽しいんですけど、ほかのお仕事にも目を向ける気持ちが強くなりました。DVDだけでなく、紙の写真集を出したいし、撮影会とかいろいろしたいことが増えてきたので、それらをするためにDVDは一回辞めてみようという決意をしました」とコメント。現在の具体的の目標について聞いてみると「いまクラウドファンディングで紙の写真集を挑戦しています。まずはこれを達成させるのがいまの目標です」と意気込んだ。続けて「ファンの方もグラビアをやっている私を応援してくれているので、グラビアは続けつつほかにもやりたいことができたら挑戦していきたいです」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ