優等生Gカップ 桜田なな、変態衣装もさらりと着こなす潜在エロに悶絶

グラビア 公開日:2021/03/09 25
この記事を
クリップ

優等生がエロに目覚めると箍が外れたように桁外れにえっちになる。という思いを持った方も多いだろう。一昨年の12月にグラビアDVDデビューした“さくなな”こと桜田ななは、その際たるひとだ。


中・高と生徒会長を歴任し真面目で実直、それに頭も良い彼女がグラビアを始めると、いきなり黒ランジェリーで目隠しされ倉庫で拘束監禁されたり、一糸纏わぬ姿で美背中を大胆披露したりと、開眼したエロは留まることを知らず、そのギャップに釘付けになったグラビアファンは数多だ。そして3枚目となる新作『課外授業』(ラインコミュニケーションズ)でも勢いは増すばかりだ。


まずはジャケット写真に驚く。桜田自身も最も印象的なシーンだと語り、「教室のシーンで、下着の下に絆創膏を貼ってバストトップを隠しているんですが、下着からさらに脱ぐんかい!(笑)みたいな。二段階楽しめる仕掛けになってます。これ以上展開がなさそうに思わせておいて“さらに脱げるんだ!”というのを狙ってます(笑)。これは頑張りました」と、数あるグラビアDVDの中でも、稀有なシーンに満足げ。メガネ姿で誘う桜田のエロ教師ぶりも必見だ。さらに「企画段階でイラストで提示されたんですが、その時はもっと小さい絆創膏で“いや、さすがに小さすぎでしょ!”って言っちゃいました。最終的に膝に貼るやつに落ち着きました」と裏エピソードも教えてくれた。


百戦錬磨の過去2枚のDVDを以ってしても今作はすべてが恥ずかしいと断言した桜田。「露出が少ないのがないんですよー。手ブラかぺらっぺらの布ばかり」と憂いだが、禁断の亀甲縛りのシーンはセクシーでキレイだとさらり。「映像で観てもセクシーだと思うんですけど、写真で観たときにけっこうインパクトが強いので気に入ってます。教頭先生とのシーンで、ちょっと昭和を感じますね。これ“亀甲縛りキット”みたいのだったので、あまり縛られた感はなくって、衣装のひとつみたいでした。この時穿いていたショーツがめっちゃ小さくて、縄の結び目でなんとか誤魔化してます」と苦労も語った。


新作ごとにエロの箍が外れていく“さくなな”、教師役と生徒役の二役に挑戦、教頭との禁断のカンケイもある今作は、ぜひそれぞれの役の演技力に注目してほしい。官能的な表情や吐息、困惑したり、思わず声を上げてしまったりする、快楽と理性の狭間がみごとに演じられ見応え十分だ。味わい甲斐がある1枚となっている。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 64件)

関連タグ