たゆたゆHカップ紺野栞、手作りピンクメイドビキニで春先取りの可愛さ

グラビア 公開日:2021/02/28 14
この記事を
クリップ

優等生的なしっかり者の空気感、母性すら感じる包み込むような優しさと、癒しの笑顔を湛えながら、たゆたゆに揺れるHカップは105cm。むちむち豊満ボディで世の男性たちを翻弄させる紺野栞の新作DVD『ハウスガール!』(ラインコミュニケーションズ)が発売され、27日には秋葉原・ソフマップ①号店でイベントが開催された。



シンプルな水着姿ではなく、季節感があったり、その作品に因んだ衣装で我々を楽しませてくれる紺野。今作が家政婦役と言うことで、メイド風の“ご奉仕コスチューム”で登場、「この衣装手作りなんです。 ふつうは黒だと思うのですが、ハンドメイドなので色を可愛くピンクにしてみました。(イベントの)2着目で着る水着も手作りで、きっと私のカラダをみて“牛”をイメージするだろうと思うので(笑)、今年の干支も掛けて、“牛水着”を作りました」と、ファンや取材陣への細やかな心遣いが紺野らしい衣装にほっこり。


15枚目となる今作は、都内と河口湖で撮影を敢行。「河口湖は遅めの紅葉で、葉が色づいていてキレイでした」と、思わぬ紅葉狩りが堪能できたようだ。内容はタイトルの『ハウスガール!』の通り、紺野が家政婦として奮闘しているが、小さい子供がいるシングルファーザーの母親の依頼で派遣されるという細かな設定がある。「家政婦さんがすでにおうちにいて、ソファで寝ちゃってて、ご主人様が帰宅して“あ、すみません”ていうシーンから入っていきます。“そんな家政婦居るかいな!”ですよね(笑)」と、自身の登場シーンにツッコミを入れ、さらに下着姿にもなっているのだが、それは「ご主人様の妄想」なのだそうだ。


印象的だったのは初めて法被姿になったシーンだそうで、「晒しの上に法被ということでセクシーに撮れるのかな?と思ったのですが、子供にヨーヨーでイタズラされたり、水鉄砲で水を掛けられたりする場面があったので意外とえっちに撮れたかなと。本来はお祭りに行くというシーンだったのですが、このご時世でやめようということになって、お祭りから帰って来たあと、ということになってます」と、コロナ禍での撮影の苦労も話した。また、白の変形競泳水着を着てソファーでポーズを取っているシーンがあるのだが、「本来はプールで撮影する予定だったのですが、私がものもらいになってしまいまして、撮影時期が大幅にズレてしまい、夏が終わってしまって…。なので水着とはアンマッチな場所で撮ってもらうことになりました。でもこのシーンはおっぱいもそうですが、おしりもキレイに映っていて、カラダ全体的に良い感じに仕上がっていると思います」と、太鼓判を押した。


今作の家政婦にちなみ、尽くすタイプか尽くされたいタイプかを問われ、「そうですねー、尽くしたい気持ちはあるのですが、料理が出来ないんですよ(笑)。尽くすと尽くされる50%ずつですかね。今年27歳になるので、もうそろそろ覚えないといけないなとは思ってます。このDVDに出てくる私のように家庭的な女になりたいなと」と照れ笑いしていたが、水着は手作りと言っていたのに料理はダメなの?とツッコまれ、「裁縫は得意なんです!ボタンとかは付けてあげられるんです」と胸を張るカワイイ紺野であった。


紺野はYouTubeチャンネル「紺野エスカルゴ」を展開中。ほぼ毎日更新しているということなので、是非訪れていただきたい。また、DVD内で初披露した、紺野作詞、元アイドリング!!!の遠藤舞が作曲を手掛けた初のオリジナル楽曲のロングバージョンも公開されているので、紺野の歌声にも注目だ。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 102件)

関連タグ