倉沢しえり、自然体で初DVD撮影に挑戦「ぷにぷにですが大目に見て」

グラビア 公開日:2021/02/21 10
この記事を
クリップ

『ミスマガジン2018』ファイナリストで女優として多数作品に出演している倉沢しえりが20日、都内でDVD「素顔。」(2月26日発売、竹書房)の発売記念オンラインイベントを開催。イベント後に囲み取材に応じた。


自身初となるイメージDVDを手にした倉沢は「久しぶりのグラビアで緊張しています」と吐露。撮影は昨年12月に沖縄県の宮古島で行われたそうで「映像って写真と違うなって思って、これからもっとたくさん勉強していきたいなと思いました」と語った。


本作の内容を尋ねられると「高校を卒業して、2年ぶりに再会した子と宮古島でデートって感じで、ずっとイチャイチャしています」と説明し、具体的には「メイド服を着て部屋のお掃除をひたすらして、お掃除が終わったらはしゃいでいるシーンがあったり、高校のときにバスケ部のマネージャーだったんですけど、テーピング講座をしているので、皆さんそれでテーピングができるようになったらいいな(笑)」と紹介。


お気に入りの衣装を聞かれると「ピンクの水着の上に羽織っている部屋着がめちゃくちゃかわいくて、それでベッドでゴロゴロしたり、カップ焼きそばを初めて食べました」と答え、今までカップ焼きそばを食べなかった理由を追求されると「母親に『体に良くない』と言われていて、家にもずっとなくて、ちょっと前にカップラーメンと初めて食べたら大感動して、『カップ焼きそばもオススメ』って言われていたら(撮影で)食べられるってことで、めっちゃ美味しかったです。めっちゃ量があったんですけど完食しました」と目を輝かせた。


また、レースの黒いワンピース水着を着ているシーンがセクシーだそうで「今まで着たことのない感じで、セクシーなんじゃないかなって。色っぽさを初めて出せたんじゃないかなと思います」と胸を張り、オススメのシーンを聞かれると「オレンジの水着で運動をしているんですけど、バスケットボールを遠くに投げたり、輪っかを足首につけてグルグル飛んだんですけど、“できた”という感動があったので、それを見てください」と語った。


今回、久しぶりにグラビアをやろうと思った理由を聞かれた倉沢は「自分の可能性を増やしていきたいなというのがあって、グラビアにも挑戦しようと思いました」と答え、「コンビニとかスーパーとかで、自分の表紙の雑誌が並ぶのが普通くらいになれるように頑張ります。(DVDも)違う設定で出していけたらなと思います。(女優業とグラビア業の)どちらも一緒に頑張っていけたらいいなと思います」と今後の抱負を語った。


さらに、撮影前に体を絞ったりしたか尋ねられると「絞らないといけないのは知っていたんですけど、めっちゃ食べていたんですよ…。だからプニプニなんですけど、そこは大目に見てください」とお願いし、「ジャケット(表紙)のシーンを最終日に撮ったんですけど、2泊して美味しいものがどんどん出てきて、ずっと食べていたので、このジャケットのきれいな海のシーンが1番お腹が出ているんです…。そこも注目してください」と珍アピールして報道陣の笑いを誘った。


そして、グラビア的なチャームポイントを聞かれた倉沢は「脚が1番好きなんですけど、脚よりも『くびれがきれいだね』と言われるので、チャームポイントはどこだろうって悩んでいるところです」と胸の内を語り、脚が好きな理由については「小さいときに母親がずっと脚のマッサージをしてくれていて、『まっすぐになりますように』ってやってくれていたおかげで、自分好みのまっすぐな脚になったので好きです」と笑顔を見せた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 60件)

関連タグ