『ミスFLASH2021』高槻実穂 最下位からの下克上、“納豆魂”で手に入れた称号

グラビア 公開日:2021/02/16 27
この記事を
クリップ

『ミスFLASH2021』受賞を記念した撮り下ろしグラビア第4弾は、大仁田厚が生み出したプロレスアイドルユニットの元メンバーで、受賞者の中では最年長でありながら、年齢を感じさせない童顔が魅力の高槻実穂。


セミファイナル審査のネット生放送では、1週間遅れての配信になってしまい、まさかの最下位スタート。事務所からも諦めた方がいいと言われる中、彼女が目指したのは指原莉乃だった。

「私も“納豆魂”と叫んでいるので、“雑草魂”でいまや国民的アイドルにまで昇り詰めた指原さんに憧れがあったんです。毎日、YouTubeで指原さんの動画を観ていろんなことを吸収させていただきました」

その甲斐あってか、見事審査員特別賞を受賞。夢だった宮古島でのソログラビア撮影も経験し、今後はグラビアのリングで頂を目指す。


写真◎木村哲夫


<雑誌情報>

週刊FLASH

2月16日(火)発売 

特別定価480円  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)