高身長Gカップ 清瀬汐希、シースルー衣装で圧巻ボディ大胆披露「食い込みすごかった」

グラビア 公開日:2021/02/15 35
この記事を
クリップ

170cmの高身長にGカップ美巨乳を搭載し、グラビアアイドルやRISEラウンドガールとして活躍中の清瀬汐希が14日、都内でDVD『清艶 −SEIEN−』(エスデジタル)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。



清瀬にとって6作目のイメージ作品となる本作は、昨年10月に都内と千葉県で撮影。チャプター毎にテイストの違うイメージ映像が楽しめる内容になっているそうで「Sっ気のあるキャラクターをやっているときもあれば、甘えた遠距離恋愛の彼女役をやっているときもあって、ダンスシーンだったり、スタイルを見せているシーンもあるので、盛り沢山な内容になっています」と紹介し、お気に入りのシーンを尋ねられると「お部屋で自撮りをしているシーンがあるんですけど、ビデオを自分で持って、遠距離の彼氏に向けてビデオメッセージを撮っているシーンで、セリフも自分で考えてやったり、ネコ耳をつけたりしたんですけど、自分の好きなようにやれたり、男性が好きかなと思うような格好をして撮影したので、すごくお気に入りです」と声を弾ませた。


また、苦労した点については「白い三角ビキニを着たシーンは、最初は服を着ていて、自分の今までの恋愛を語りながら脱いでいくんですけど、自分の恋愛を思い出すのが難しくて、実際の話もあれば、作った話もあるんですけど、ずっと喋りながら脱いだのは難しかったですね」と明かし、恥ずかしかったシーンを追求されると「白いコルセットを着たSっ気のあるシーンなんですけど、今までMっ気しかやってこなかったので、初めてカメラを蹴ったりしたのは恥ずかしかったですね」と照れ笑いを浮かべた。


さらに、もっともセクシーだと思うシーンには、表紙にもなっているシースルーのワンピース衣装を挙げ「これは後ろを向けないくらい食い込みがすごい衣装だったし、露出度も高いので、動きがエロチックな感じですね」とオススメし、タイトルにちなんで艶っぽいシーンを聞かれると「ダンスのシーンは夕日が差し込んだ中で金の三角ビキニを着ていて、(自身が所属している)sherbetの曲を2曲繋いで作っていただいたシーンで、オイルも体に塗りまくっているので、艶って感じですね。お風呂のシーンも過激に露出しています。手ぬぐいのみで隠したりもしています」とアピール。童貞を殺すセーターを着たシーンがあることを指摘されると「ここまで首の詰まったものは着ないので、首を絞められている感があって若干Mな気持ちになりました」と吐露した。


昨年末に、晩酌をしながら雑談をするYouTubeチャンネル『清瀬とこの夜』を開設した清瀬は、感触や手応えを聞かれると「普段、お酒を飲まなかったので、晩酌雑談というチャンネルはすごく新鮮でしたね。その日あったことを話したり、自分の感じていることを話したりして、だいぶ素を見せているチャンネルなんじゃないかなと思います」と答え、今後やってみたい企画については「今はできないんですけど、料理動画だったり、モーニングルーティーンなど、素を見せられるものをやってみたいですね」と目を輝かせた。


また、『有吉反省会』(日本テレビ)に出演し、“パッケージ詐欺”グラドルとして注目を集めた清瀬だが、最近、反省することはあるか尋ねられると「“アイドルのかわいい衣装を着たくない”ってファンの前で言い放っていることですかね(笑)。かっこいい衣装が着たいです」と本音を明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 55件)

関連タグ