魅惑のGカップ サーシャ菜美、“吸い込まれそうな瞳” と悩ましい桃尻で骨抜きに

グラビア 公開日:2021/02/12 18
この記事を
クリップ

157cmのスレンダーボディに、87cmだが数字以上のボリュームのGカップ美乳、85cmの引き締まったぷりぷりヒップも魅力。『第11回 ミスヤングチャンピオン2020』 のファイナリスト、“絵師グラドル”としても話題のサーシャ菜美。



同じ事務所の森咲智美に憧れ、“エロ”を探求中の彼女。ロシア系クオーターの美人で、吸い込まれそうな神秘の瞳で見つめられると、恋の魔法に掛かってしまいそう。昨秋発表したデビューDVDでも初めての撮影とは思えない堂々とした表情で、世の男性を悩殺。魔法に掛けられたグラビアファンが続出した。そんなサーシャのセカンドDVD『魅惑のサーシャ』(スパイスビジュアル)が発売され、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


黒ボーダーのマイクロビキニで登壇したサーシャは、美乳、美尻が素晴らしいのは勿論、女性らしいヴィーナスラインが堪らなく綺麗。きりっとした眼差しから一見取っつきにくいのかな?と思いきや、ケラケラ笑う話しやすいキャラクターで、質問にもとても丁寧に答える。この性格もまたファンが増え続けている由縁なのかもしれない。水着のポイントを聞かれ、インタビューに用意される椅子を使い、逆に座って美尻を強調、「おしりがチャームポイントなので、この”ぷりっ”とした感じが良いと思います、てへへ」と照れ笑いしながら、大胆なポーズで記者陣をメロメロにした。


セカンドは沖縄で撮影、初の沖縄ロケであると同時に生まれて初めて飛行機に乗ったそうだ。「怖かった。ひゅんってなるときに落ちちゃうかもしれないって思いました」と、初フライトの恐怖を振り返った。今作はSっ気の強いCAを演じていて、「CAのサーシャが1週間休みを取って沖縄に遊びに来てそこで相手に出会うんですが、観ている方のことを“ポチ”なんて呼んだり、なにかと振りまわす女子です。浜辺で遊んだり、夜のベッドで誘惑したり、競泳水着を着てシャワーを浴びたりしています」と説明。その中でも一番セクシーなシーンには「部屋着のような格好で“ポチ”と布団で戯れているところがエッチだと思いますね」とにっこり。お気に入りの水着にはジャケット写真になっている包帯のような十字型水着を挙げ、「夕景の浜辺でしっとりした感じが好きですね。こんな水着初めて着たので、いつかポロリしちゃうんじゃないかってドキドキがありました」と振り返り、さらに「ハイレグの競泳水着を着たんですが、ボディがすごくキレイに見えてるんじゃないかなって。これもお気に入りですね」と話した。


まもなくに迫ったバレンタインについて、「予定はないんですが、友達と手作りチョコの交換はしたいと思ってます。おいしいの作ります!」と笑顔を見せたサーシャは、現在『EX MAX SPECIAL』(ぶんか社)で、毎月「サーシャの妄想絵日記」という企画を担当中。“絵師”としても人気の高いサーシャのもうひとつの顔が見られるので、ぜひチェックしていただきたい。






※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 92件)