山本ゆう Hカップロケット乳をボンデージに包んで、“ドSのおねえさん”開眼!?

グラビア 公開日:2021/02/09 26
この記事を
クリップ

2019年春のグラビアデビューは衝撃的だった。愛らしいフェイスでありながらショートカットが似合うファビュラスな雰囲気と、95cmの大きく育ったHカップバストという、どこを取っても“良いオンナ”山本ゆう。


たわわなバストが元気よく前へ出ているところから“ロケット乳”との異名が付けられ、グラビアファンの注目度は光の速さ。以降出すDVDすべてがランキング上位を獲得し、ショートカットのグラビアアイドルといえば彼女というほど、その容姿は代名詞となっている。昨秋に発表した初の写真集『あなただけ』では、これまでイメージDVDでは見せなかった大胆でヌーディーなカバーが話題を呼んだ。今回、写真集と連動したイメージDVDとなる『あなたの私』(双葉社)を発売。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。



笑顔で元気よく「おねがいしまーす!」と囲み取材に応じた山本。いつも彼女が現場入りすると、花が咲いたように華やかで明るくなる。今日の水着はなんとも大人っぽいエレガントなレースビキニ。「撮影会では着たことあるんですが、みんな好きなんじゃないかなと思って選びました。よく見たら透けてるんじゃないかなって♡」と、ファン垂涎の一言で早くもメロメロに。


沖縄で撮影された7thとなるDVDは、「けっこうドSな内容」だそうで、「今までそういう役柄ってあまりやったことがなかったんですけど、ファンの方のイメージが“ショートカットのおねえさん”って感じでSっぽいイメージもあるんじゃないかということで、ジャケットでもボンデージ着てますが、この衣装でカメラを踏みつけるシーンもあります。けっこうファンの方にも“踏んでください”って言われるんです(笑)。あと、“キモイ”とか強めに言っちゃいました。ちょっと目覚めちゃったかも」と申し訳なさそうな表情を見せたが、逆に写真集との連動で“目隠しシーン”も収められているんだとか。「このボンデージ衣装のままでされます。多分“わお!♡”ってなっちゃうと思います」と照れ笑いし、「初めて経験しました。プライベートでどうかかはノーコメントにしておこうかな♡」と可愛く焦らした。


とにかくインパクトのあるボンデージファッションだが、「髪型とこのデザインでT.M.Revolurionの西川(貴教)さんだって言われました(笑)」とにっこり。「おねえさんキャラはやったことがあるんですけど、ドSのキャラは普段やらないので恥ずかしかったです。着ていても恥ずかしいんですけど、いつものデザインニップレスだけより、ボンデージの質感がプラスされると攻めてる感じになって、カッコいいなって思いました。けっこう似合ってるって言ってもらえたので」とお気に入りだったようだ。


山本は13日(土)、浅草橋・東京Lilyで団体撮影会が開催される。新型コロナ感染対策の為、各部定員が4名と少ないので、早めのチャックをお勧めする。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 93件)

関連タグ