100cm Hカップ 遠藤いつき デビュー、撮影前に先輩 山本ゆうの作品を念入りチェック

グラビア 公開日:2021/02/08 20
この記事を
クリップ

168cmの高身長とHカップ100cmというハイクオリティなボディを惜しげもなく披露。撮影会では完売続出するほどの人気の遠藤いつきが、イメージDVDデビューとなる『もう、どこ見ているの?』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売記念イベントを秋葉原のソフマップで開催した。


デビュー作を手に取った感想は「パッケージがメイドさんになっているんですよ。普段メイドさんとかやったことないので、見ていて自分じゃない感じがしますね」とコメント。そんなデビュー作は昨年8月に沖縄で撮影を敢行。内容については「初めての彼氏と彼女の旅行という設定で初々しい感じに仕上がっています」と説明した。


シーンについて聞いてみると「メイドさんのシーンがおすすめですね。今までやったこともないこともありますし、なかなか見れない恰好なので、これはレアですね。今回はメイドさんに挑戦しましたけど、コスプレとか好きなので、メイドさん意外にも別のコスプレもやってみたいです。コスプレは好きなんですけど、自分から進んですることがなかったので、こういうキッカケがあるとやれるので、今後の作品でいろんなコスプレに挑戦したいです」とアピールした。セクシーなシーンについては、「夜ベッドのシーンです。青いセクシーなビキニを着ているんですけど、胸をギュッと寄せている姿がすごくイイ感じになって、このシーンはセクシーで私も大好きです。水着の面積が少なすぎてポロリもしそうになりましたけど大丈夫でした。デビュー作でポロリとか嫌ですからね」と笑った。


初めてのグラビアの動画撮影ということで、戸惑いも多かったそうだが、「ポージングと演技を同時進行してやらないといけないというのが自分の中でいっぱいいっぱいになってしまって上手く撮れているか不安はありました。でも楽しく撮影できたのでよかったです」と振り返った。デビュー作を採点してもらうと「これからドンドン伸びていきたいので、今回は65点です。伸びしろに期待してください」とアピールした。


デビュー作の撮影前には念入りにほかのグラビアアイドルの映像をチェックしていたそうだが、「事務所の先輩の山本ゆうさんのDVDを観させてもらって、参考にしました。事前にチェックして勉強できたので。イイ感じな作品に仕上がりました」と喜んだ。


グラビアをやるキッカケについて尋ねられると「ずっと芸能界に興味がありまして、どうしようかなと悩んでいるときにグラビアの誘いを受けました。じつは最初はグラビアって危ないイメージを持っていたんですよ。実際に初めてみたらそんなこともなく、みなさん優しいし楽しくやらしていただいています」と明かした。


今後については「グラビアだけではなく、別の違った分野のお仕事にもできたらと思います。女優さんとかにも挑戦したいです」と目を輝かせた

<★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★>

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 56件)

関連タグ