BOCCHI。リーダー 福丸雛、宮崎産 “マンゴーヒップ” でグラビア界席巻

グラビア 公開日:2021/02/06 16
この記事を
クリップ

GDL Entertainmentがプロデュースする7人組アイドルユニット BOCCHI。のリーダーとして太陽のような笑顔と弾ける宮崎産“マンゴーヒップ”で世の男性を魅了する福丸雛。


その魅惑のボディの源は、かつて「バーレスク東京」のダンサーで培ったもの。引き締まるところは引き締まり、女性らしいむっちり感も兼ね備えた愛されボディ。そんなカラダをグラビア界が放っておくわけがない。バーレスクを止めた後、フリーで活動していたが、昨秋事務所の目に留まり、名取くるみ(『ミスFLASH2021グランプリ』)や、極上スレンダーの早川みゆきら、未来を嘱望された美女が揃うGDL Entertainmentに所属。いきなりアイドルユニットのリーダーに抜擢された。そんな福丸の2枚目となるDVD『南の島のマンゴーヒップ』(イーネット・フロンティア)を発売、記念のイベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。



胸元のV字カットがセクシーな黒のミニニットワンピと、色合わせのキャミソールがチラ見する“あざとカワイイ”スタイルで登場した福丸。トレードマークの笑顔が今日もキラキラだ。


9月後半に宮古島で撮影された今作は、カフェ店員の彼女役を演じている。「私が本当に彼女だったらこんな感じっていうのがすごい出てて、プライベートの彼女感がすごい観られるのかなって思います」とにっこり。「普段はアイドルのリーダーとかやっていて「しっかりしなきゃ」って感じですが、彼氏と居ると多分こんな感じなんだなって思います」とも話した。


微笑ましい感じなのかと思いきや、「私の働いているカフェに彼氏が遊びに来て、鍵閉められちゃってエッチなお願いをされるんです(照)。お店の中で“怒られちゃうよー”とか言いながら、言いなりになっちゃう感じです」となかなか過激なシーンも。また「雨で撮影スケジュールが変わって、スケスケの衣装で雨に打たれながらスチールを撮るってあまりない経験ができました」と振り返り、いちばんセクシーなシーンにはお風呂を挙げ、「スケスケの衣装が濡れて肌と一体化してエッチすぎます。もはや何も着ていないみたいです。がんばったら見えるかも。ははは!」とおどけてみせた。さらに「イベントがあるから家でDVD観たんですよ!もう嫌だ恥ずかしい…自分の裸見てるみたい」と照れまくっていた。そんな作品を自己採点してもらうと「彼女感はマジで95点。足りない5点は、やっぱり恥ずかしさ出てんな(笑)って思ったからです」と評価した。


今作で“へそピアス”を解禁したという福丸、「今までDVD出した時は、“へそピ”の跡だけだったんですけど、事務所の人に相談したら”おへそキラキラしてた方が可愛いんじゃないか。逆に良いかもね”って言われて。プライベートではしてたんですけど、お仕事の時は外してました。グラビアファンの方って“へそピ”とか嫌いかな?ギャルっぽくて嫌かな?って思ってたんですけど、意外と好きな方多くて、新しい発見でした」と、キュート&セクシーなへそピアスにも注目してほしい。


BOCCHI。としての活動については、「まだ4回しかライブしてなくって、緊急事態宣言とか出て、これからどうなるのか不安ですけど、まだこれからです!メンバーの半分はグラビアやってるので、グラビアとアイドルの二刀流でがんばります。ほかのメンバーはみんなおっぱい大きいので、私はおしり推しで行きます。おっぱいとおしりで一緒にがんばろー!」と意気込んだ。


宮崎出身のグラドルと言えば青島あきな(現・大田明奈)が“マンゴー乳”として大人気を博したが、それにあやかりフレッシュ“マンゴーヒップ”でグラビア界に駆け出した福丸。その南国で培った元気と、ハツラツプロダクションで、旋風を起こす。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 62件)

関連タグ