元FES☆TIVE 近藤沙瑛子、意気込み新た「確実に変わる1年になる」

グラビア 公開日:2021/02/03 20
この記事を
クリップ

1月22日に発売された『B.L.T.2021年3月号増刊ゼロイチジャック版』(東京ニュース通信社)が好調だ。


芸能事務所ゼロイチファミリアのモデル19名が大集結。 桃月なしこ、 黒木ひかり、 アンジェラ芽衣、 林ゆめ、 十味(#2i2)の5人が表紙を飾り、「ゼロイチファミリア」という事務所の名前にかけて、 「家族」をテーマに撮影を敢行したスペシャルな一冊となっている。


今回はゼロイチファミリアの今後を担う、御寺ゆき、 森嶋あんり(#2i2)、 我妻ゆりか、 青木りさ(#2i2)、 新谷姫加、 近藤沙瑛子のアザーショットと、インタビューを贈る。


<近藤沙瑛子>

―B.L.T.史上初ジャック号が発売されましたがいかがですか?

昨年までは、FES☆TIVEというグループでアイドルをしていて、その中でいろんな活動をさせていただいていたのですが、11月末にゼロイチファミリアに移籍してすぐ、初めての撮影がこのジャック号の撮影だったのですごく緊張しました!

最初は、B.L.T.史上初ジャック号と聞いて、嬉しいよりも先には、それ私が出ていいのかなって感じでした。でも時間経って先月発売だったゼロイチカレンダーを見たときや、ファンの方が投げてくれる温かい言葉を見てやっぱり嬉しいなって感じました。

これをきっかけに自分もそうですがゼロイチファミリアをもっともっとたくさんの人に知ってもらいたい見てもらいたい気持ちです。


―2021年の自身の目標や豊富を教えてください。

2021年は環境や関わる人間、やっていくことが今までと確実に変わる1年になると思うので、その1年目の始まりにこのジャック号に載れたこと本当に嬉しいです。

感謝の気持ちをいつも忘れず、応えることができる人間でいたいなと思います。

ゼロイチファミリアとしての近藤沙瑛子を知ってもらう、たくさん好きになってもらうことが目標です。今年はもっとファンの方に会える年にしたいな。


Ⓒ「B.L.T.3月号増刊ゼロイチジャック版」(東京ニュース通信社刊)撮影:横山マサト

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ