御子柴かな&青科まき「週プレ酒場」スタッフから成長した2人のグラビアに感涙

グラビア 公開日:2021/02/03 47
この記事を
クリップ

『週刊プレイボーイ』プラチナムプロダクション 20 周年記念号の売り切れ店が続出し好調だ。


本号は、ブレイクの本命から、グラビアデビューの原石、超期待の新人やレジェンドまでプラチナム所属タレントが 総勢 27 名グラビア総出演。多数の web メディアやスポーツ紙にてその話題が取り上げられ、プラチナム祭りとして大反響をよんでいる。


そんな盛り上がりを見せているプラチナム号には、有名出版社が手がけるコンテストの受賞者からレジェンドまで大 注目のタレントが多数掲載されている。そんな注目タレントたちの撮影の見どころやテーマに撮影裏話などのコメントとオフショットが到着。


伝説の酒場「週プレ酒場」オープニングスタッフの2人、現在三洋イメージガール「9 代目ミスマリンちゃん」として活動中の御子柴かな&「ミスヤングチャンピオン 2019」のグランプリの青科まきからのコメントを公開!


御子柴かな 

週プレ酒場でアルバイトしていた時期は、グラビアアイドルの方を身近でみていて、キラキラした世界だなと憧れ ていました。でも現実は、楽しいことだけじゃなく大変なことも沢山あって、活躍してる皆さんは、本当に努力して やっているんだな、好きだからこそ頑張れる仕事なんだなと感じました!

ただの大学生のアルバイト店員だったわたしが、週プレでグラビアに出演して、そして、まさか、ミスマリンちゃんになれるなんて思っていなくて、決まった ときは本当にびっくりして嬉しくて泣きました。笑 

進路に悩んでた時期でしたが、このお仕事を頑張っていこうと改めて思った出来事でした。マキカナとして、週プレに載せていただいてから約 3 年!仲の良さだけではなく、色んな経験を積んで成長した、新しい2人を見てもらえたらいいなと思います!


青科まき 

デビューのきっかけ・原点は週プレ酒場でした。3年くらい前に週プレ酒場店員としてアルバイトをしていて、そ こでグラビア撮影をしていただけることに!記念すべき初撮影もマキカナコンビ(御子柴かなさんと私)だったな あ。その頃から 3 年以上経っているのできっと成長しているはずです!笑 

憧れだったグラビアの世界。やってみると難しくて、ちゃんと魅せるということをカメラを前にするとぎごちなくな ってしまったり、自分でイメージした通りに映っていなくてショックだったりして、表情やポージングって難しくて 日々試行錯誤です。笑 

今回、久しぶりの週プレグラビア。久しぶりのマキカナグラビアで。私の原点でもあるこの雑誌で。

「成長したね!」と言われたら嬉しいですが...いかがでしたか?

酒場時代からマイペースで不器用な私を支えてくださった皆さんがいるおかげもあり、またこのように誌面に載ることができてます、ありがとうございます!そしてこれを機会にまた色んな方々に知っていただけてたら嬉しいです!

これからも週プレさんにグラビア撮影して頂けるようにがんばっていきますので、皆さんこれからも応援よろしくお願い致します!


Ⓒ井上たろう/週刊プレイボーイ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)