「グラビアネクスト」GP 冨樫真凜 初グラビア「見所は“飛躍”を体現しているところ!」

グラビア 公開日:2021/02/03 28
この記事を
クリップ

『週刊プレイボーイ』プラチナムプロダクション 20 周年記念号の売り切れ店が続出し好調だ。


本号は、ブレイクの本命から、グラビアデビューの原石、超期待の新人やレジェンドまでプラチナム所属タレントが 総勢 27 名グラビア総出演。多数の web メディアやスポーツ紙にてその話題が取り上げられ、プラチナム祭りとして大反響をよんでいる。

そんな盛り上がりを見せているプラチナム号には、有名出版社が手がけるコンテストの受賞者からレジェンドまで大 注目のタレントが多数掲載されている。そんな注目タレントたちの撮影の見どころやテーマに撮影裏話などのコメントとオフショットが到着。


「令和のグラビアクイーンを探す!」をテーマに、開催された「グラビアネクスト 2020」でグランプリを獲得。育児 関連会社の社長としての顔も持つ冨樫真凜のコメントを公開!


冨樫真凜

今回が初のグラビア撮影でした。いままでは人に写真を撮られる時、常に笑顔が基本だったのですが、グラビアでは笑顔だけではない自分をたくさん撮っていただき、新しい自分の一面を発見できました!

今回の見所は大きくジャンプして「飛躍」を体現しているところ!笑 

何度もジャンプして一番体力を使った撮影シーンでもありました。 撮影に合わせてくびれができるよう筋トレしたので、たっぷりみてもらえたら嬉しいです!!!


Ⓒ矢西誠二/週刊プレイボーイ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ