“素材と度胸の良さは一級品“ 原つむぎ、96cm Hカップ大胆デビュー

グラビア 公開日:2021/01/23 19
この記事を
クリップ

「大は小を兼ねる」と言われるように、大きさは何モノにも替えがたい魅力がある。原つむぎ、23歳。96cmのHカップバストを引っ提げ、グラドルデビューを果たした。


デビュー作は、竹書房が誇る看板シリーズ『ミルキー・グラマー』。かつては岸明日香を筆頭に、最近では伊織いお、山本ゆう、未梨一花といったグラドル界屈指のバストを誇るミューズたちが出演してグラドルファンを釘付けにした。その最新作に出演してデビューを飾った原。その大きさは並み居るトップグラドルにも比肩する。


身長はモデル顔負けの168cmにスリーサイズは上からB96・W64・H91(cm)とパーフェクトボディの原つむぎ。資料によるとバレエ経験があるそうで、バレエで柔軟ボディを鍛え抜き、すくすくと育って究極の凹凸ボディを手にしたという。特に注目したいのがふわふわ感のHカップバスト。まさに二次元的ボディとも言える原が、初めてのグラビアDVDで自慢のバストを惜しみなく披露している。自身が愛嬌のある癒やし系キャラで、さらには1stDVDということもあり、全体的には笑顔が絶えない爽やかなシーンが多い。とは言うものの、着用した水着は表紙にもなっている黄色い三角ビキニをはじめ、お風呂で着用した眼帯ビキニなど、かなり露出度も高めだ。その眼帯ビキニは構造上、バストがよく見えるデザインで、さらには同シーンで水着を脱ぎ捨てて新人らしからぬ手ブラも披露するなど、度胸の良さは新人離れしている。


度胸の良さで言えば、アイス舐めのシーンも同様だ。新人がいきなりアイス舐めというハードルの高いシーンを挑戦することは極めて稀なケース。原は果敢にも同シーンにチャレンジしており、その潔さに次回作以降も非常に期待が持てる。ラストを飾る夜ベッドでは、冒頭からのソフトの流れから一転し、セクシーさが全開だ。同シーンではバストのアンダーだけを支えるオープンブラとチューブトップ水着の重ね着という、昨今のグラビア界で流行っているセクシーめの水着を着用。その水着を着用しながら夜をイメージした女性に変身する。彼氏と思われる男性を前に、バストを揉みながら「大きくなったかも♪」というセリフを発しながら、ラブモードへと突入。全体的な流れもあって表情は笑顔が絶えないが、時折見せる表情は大人のそれだ。1stDVDということで比較的にソフトな内容も、随所でセクシーなシーンを散りばめており、新人グラドルにしては合格点以上の出来栄え。素材的にも一級品なだけに、今後の動向に是非とも注目して欲しい。


原のDVD発売記念イベントは1月24日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定だが、緊急事態宣言下で、内容が変更になる場合があるので、直前のチェックをお忘れなく。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ