RQの頂点へトップギア 佐々木萌香、小悪魔的な魅力にメロきゅん

グラビア 公開日:2021/01/22 44
この記事を
クリップ

2019年にレースクイーンとしてデビューして以来、全国のサーキット場で無数のストロボの光を浴びている人気レースクイーンの佐々木萌香。デビューイヤーとなった2019年にはレースクイーンの活動以外にも「ビジュアルクイーン撮影会」、「東京ゲームショウ2019」、そしてグラドルの登竜門的ミスコン『ミスFLASH2020』にエントリーしてグラドルファンからも大きな話題を集めた。その彼女が初めてとなるグラビアDVD『もえちゃんEXPO』(竹書房)をリリース。待ちに待った感のある佐々木が、サーキット場や撮影会で鍛え抜いたグラビアポーズを惜しみなく披露している。


一昔のレースクイーンと言えば、いわゆる"クールビューティー"系が主流だった。だが時代は変わり、昨今はクール系にキューティーさが加わるなど変化の兆しを見せている。その例として日本レースクイーン大賞2019でグランプリを獲得した川村那月を挙げることができるだろう。彼女に代表されるように、キュート系レースクイーンは現在のレースクイーン界で一大勢力を築きつつある。川村は惜しまれながらも昨年にサーキット場を後にしたが、彼女の後を受け継ぐキュート系として佐々木を推したい。そのキュートさは男性をメロメロにしてしまう魔性の魅力があり、巷では川村以上との評価もあるほど。


現在22歳の彼女だが、時には10代にも見えるロリータ的な魅力も併せ持ち、これが本当の小悪魔だ。その佐々木が挑んだ初めてのグラビアDVD。設定的には彼氏と一緒に過ごすシチュエーションが進行していくが、男性の誰もがメロメロになってしまうキュートな笑顔をカメラに振り向けながら、自慢のスタイルを見せつけている。グラビアの王道的なビーチのシーンはもちろん、彼氏とイチャイチャする部屋のシーン、さらには思わず現役と見間違えてしまう可愛さ満載のセーラー服のシーンなど、コアなファンの期待も応えるラインナップだ。グラビアポーズも初めてのDVDとは思えない技術を披露しており、撮影会やレースクイーンの経験が確実に活かされている。水着も比較的に攻めた印象で、プールで着用した競泳水着はハイレグ度も最高レベル。後半に登場するベッドのシーンでは黒のセクシーな下着風水着にパンティーストッキングを履くなど、彼女のキャラにしては珍しく大人の女性をアピールしている。


バストのカップは定かではないが、膨らみもかなりの豊かさで、カメラが接写するなどバストも楽しむことができる。シーン的にはその黒い下着風水着を着用したベッドのシーンに、ソファーに寝っ転がって彼氏と思われる男性の前で脱いでいくシーンがオススメ。キュート系レースクイーンと呼ばれる佐々木だが、時には大人っぽい仕草も見せており、一筋縄ではいかない懐の深さも。その小悪魔的なところが最大の魅力で、1stDVDから佐々木の魅力を凝縮するなど、見どころは尽きない。2年前からレースクイーンとして活動していることもあり、グラドルとして新人とは言い難いが、1stDVDとしては完成度が高い作品だ。


佐々木のDVD発売記念イベントは1月24日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定だが、緊急事態宣言下で変更になる場合があるので、直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ