7年間関西拠点変えず 殿倉恵未グラビア引退、ラストは上質な大人の色気魅せる

グラビア 公開日:2021/01/12 10
この記事を
クリップ

24歳での遅咲きデビューだったが、166cm高身長にB90cm- W62cm - H89 cm というバランスの取れたプロポーションで、2016年にはレースクイーンとしても活動した”お殿ちゃん”こと殿倉恵未。


デビュー7年、イメージDVD10作目を節目とし、12月に発売された最新作『Finally』(スパイスビジュアル)でグラビアからの引退を決意。最後となるイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。



オーラスを飾る水着は、青のストライプが爽やかなビキニ。「ヒョウ柄の水着とどっちを着るかすごく迷ったんですが、やっぱり最後はフレッシュでいたいなと思って」と笑い、場を和ませた殿倉。ラストDVDを手にしながらも「実感全然ないんですけど、いよいよラストかあって感じです。寂しくて、撮影の最後泣いちゃいました」と心境を話した。


昨秋、鹿児島・奄美大島で撮影されたラスト作品は、ファーストDVDに携わったスタッフがたくさん集まり、思い出話に花が咲いたそうだ。「今まで何かの役になることが多かったんですが、最後はありのままの私を残そうということで撮りました。あとメイキングが凄く長いです。私1作目から10作目まで、ずっと伊丹の空港(大阪空港)からロケに行って、関西に帰るというサイクルでやっていたので、10作分全部の裏側も収めているので、是非観て欲しいんです。グラビアアイドルの中で、ロケもイベントも関西から通っていたのは、ほかにいないと思うので」とアピール、グラビア引退まで地元から離れることなく、関西を拠点に活動を行っていた殿倉の集大成ともいうべき1枚となっている。


本編は彼女の様々な表情が見られる王道のイメージDVDだが、ついに初の手ブラに挑戦「限界まで頑張ってみようかなと思ってやってみました。でも露出にはあまりこだわっていなくて、普段の私を観て欲しいということで、どうやったら大人の色気が出せるかということを常に考えていました」と振り返った。お気に入りの衣装は?と聞かれ、赤のノースリーブニット姿の「おしり出てる写真」と即答したが、「ホントは全部気に入ってるんです」と、ひとつには絞れないほど、すべてのチャプタで殿倉の魅力が溢れている。


この度のグラビア引退について「元々始めた時は30歳くらいまでって決めてたのは決めてたんですが、グラビアが好きだだったので、30歳過ぎても40歳になってもやろうかなとか言ってたんですけど、自分の中で“30歳”というのが大きな節目になって、20代はグラビアアイドルとしてやってきて、甘えてばかりではダメだなと思ったのがきっかけです。私、性格的にも不器用で、並行しながらやるというのが出来なくって、一旦区切りとして、グラビアを卒業してまた新たに考えようと思いました。今後の活動は、(グラビアを)ラストにすると決めるのも1年くらい悩んで決めたので、これからのこともゆっくっり休憩してから決めようと思います」と語った。


7年間のグラビアアイドルに終止符を打った彼女、新たな“殿倉恵未”の誕生を心待ちにしたい。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 83件)

関連タグ