Gカップ&絶景くびれ 桜田愛音、2021年ブレイク必至のプレシャスボディに熱視線

グラビア 公開日:2021/01/11 22
この記事を
クリップ

一昨年の秋にグラビアデビュー。“埼玉貧乳説”を覆す“ご立派”なGカップ、見事としか言いようのないくびれの曲線と、屈託のない笑顔で瞬く間にグラビアファンを釘付けにした桜田愛音(あのん)。


昨春にグラビアアイドルが多数在籍する芸能事務所「マグニファイ」に移籍し、本格的にグラビア活動を開始、その第1弾ともいうべき新作DVD『夏の音色にゆられて』(イーネット・フロンティア)を発売。記念イベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。



囲み取材に応じた桜田は、目の覚めるような青の三角ビキニで登場。たわわなGカップの谷間はもちろんのこと、彼女のチャームポイントのひとつでもあるくびれが綺麗だ。その薄いウエストは、“コロナ太り”が原因で、平常より肉付きが良いというから驚きだ。「以前とある雑誌で青色の水着を着た時に“似合うね”ってすごい好評で、ずっと探していたんですが、こういう濃いめの青がなかなかなくって。イベントまでには絶対手に入れたいと思っていろんなところを駆け巡ってやっと出会えたんです。なのでイチオシの水着なんです」と、“勝負水着”で臨んだ桜田。鮮やかなその青は、彼女の明るい笑顔に映えて、とても健康的に且つセクシーに引き立てている。


3枚目となる今作は沖縄でロケを敢行。過去2枚も沖縄で撮影されており、すっかり“沖縄ツウ”な桜田だが、「今回はコロナということもあって、外食ではなくお弁当だったんですが、それがまた美味しくって(笑)、私沖縄の料理が合うみたいです」とにっこり。


幼馴染みとのいちゃいちゃを中心にストーリーが進んで行くが、「車を洗うシーンで着た衣装が、ファンの方に好評です」という、オレンジのビキニにグリーンのカットソーにハイレグ気味のデニムパンツではしゃいでいる桜田にはファンならずともニヤけてしまう。さらに「全体的に明るめなトーンでの撮影が多かったんですけど、廃墟チックな駐車場で撮ったシーンが幻想的で、私的にはとても好きです」と紹介した。


桜田の抜群のくびれを堪能したいシーンなら競泳水着だ。「以前にも着たことがあって、その時にすごいくびれが際立ったなあって感動を受けました、今回も着ることになりました。自分的にはスタイルが一番分かる水着だと思います」と自ら太鼓判を押した。そして印象に残ったのはテニスのシーンだと言い、「初めてテニスをしました。テニスボールに紐が付いてるんですけど、その紐を踏んだまま投げちゃって、ボールが顔面に当たったんですけど、そのシーンは入っていませんでした(笑)。カットされたのか、撮ってなかったのか…ちょっと裏話でした(笑)。DVDでは運動系のシーンがあるじゃないですか?よくファンの方から“あそこおかしかったよー”とか言われるんです。私ずっと吹奏楽部で、運動部にいた経験ないからですかねー」と、照れ笑い。「DVDの撮影を通じて得意な運動を見つけられたらいいなー」とも話した。


「グラビアはまだまだド新人なので、たくさんのメディアに出て、やっぱり雑誌の表紙を飾りたいです」と、意気込む桜田だが、グラドルの先輩が多い「マグニファイ」に移籍して、「みなさん優しくて、いろんなアドバイスもくださって、衣装とかもいっぱい頂きました。どんどん憧れが募っていきます」と、先輩たちから良い刺激を受けグラビアにより意欲的になっている。今の事務所に入ってからはSNSに力を入れるようになったそうで、紺野栞らとYouTubeチャンネルも始めている。「手さぐりではありますがいろいろ広げて行きたい」と目を輝かせた。


2021年ブレイク必至とウワサされている注目株、ずば抜けたプロポーションを武器に、今後桜田愛音の名前を聞くことが多くなるに違いない。要チェックだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 83件)

関連タグ