「英語禁止ボウリング」最終戦、千鳥大悟をメロメロにした“牛ガール”西原愛夏に熱視線

グラビア 公開日:2021/01/03 45
この記事を
クリップ

毎年恒例となったお正月番組『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』。2020年は放送されず、3月に志村けんさんが急逝したため、そのままひっそりと長い歴史に幕を閉じるのかと思いきや、ABEMAで大最終回スペシャルが2日配信され、名物の「英語禁止ボウリング」の最終戦が行われた。


志村さんの代役には、千鳥大悟か駆け付け、笑福亭鶴瓶とタッグを組んで、ナインティナインと対戦した。この企画の見ものと言えば、ピンク色のピンを倒すとコスプレ美女がご褒美をしてくれるというルールが大人気。グラビアアイドルが数多出演し、話題を呼んできた。


「英語禁止ボウリング」最終戦で、最初のピンクピンを倒したのは大悟。「師匠のスケベはワシが受け継ぐ」と力を込めた一投がみごとにピンクピンを倒し、ご褒美として登場したのが、牛柄の水着を着た“牛ガール”。グラビアファンなら彼女が西原愛夏だったことは容易に分かっただろう。


チャーミングな笑顔で「大悟さんストライク、お♡め♡で♡と♡う。次も頑張ってください」と、グラビアポーズや、菜々緒ポーズ、Y字バランスなどを見せ、最後に投げキッス。今年はソーシャルディスタンスを保つため、キスなどの接触ご褒美はないため、「ありがとうやけど、これみんな見とるやん」とクレームを入れるも、「この子可愛い、可愛いあの子ホンマに」とすっかりお気に入りの大悟だったが、西原は現役歯科衛生士グラドルとして3年前にデビュー、愛らしい印象的な瞳と笑顔、90cm Fカップで人気上昇中の注目株。12月18日に4枚目のDVD『愛しくて… 』(エスデジタル)が発売されたばかりだ。


大悟と同じく「カワイイ!」と気になった方は、1月17日(日)14時から、秋葉原・ソフマップでDVD発売記念イベントが開催されるが、新型コロナ感染拡大の影響があるかもなので、直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)