“マシュマロ下乳Iカップ” メイリ コロナ自粛でむちむち増量「楽しんでいただけるかと」

グラビア 公開日:2020/12/26 16
この記事を
クリップ

北海道の大地が生んだ透き通るような白肌と、154cmというミニマムボディからは想像もできないふわっふわのマシュマロIカップで、グラビア界を席巻するメイリ。


そのバストの美しさは“神の造形”であるかのように尊い輝きを放ち、小さめビキニから覗く下乳の眺めはグラビア界No.1との呼び声も高い。そんな“下乳女王”のメイリが1年ぶりとなる8th DVD『メイリフェチ』(インターネット・フロンティア)をリリース。記念イベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。


囲み取材に応じたメイリは、落ち着いた黒のワンピース姿で登場。袖はシースルーで大人っぽい印象を受けるが、髪は三つ編みおさげで少女のよう。画面や雑誌で想像するよりも遥かにちっちゃく可愛い感じ、しかもあのマシュマロおっぱいはどこに収められているの?と思わせるほど着痩せするタイプで、こんな子が脱いだら…と妄想が膨らむのを必死に抑える修業が必要かも。


静岡で撮影された今作。ロケ地への道がかなりの山道で酷い車酔いに見舞われたメイリ。「到着して2時間くらい寝込みました。翌日の昼まで休む?車椅子出す?って言われたくらい具合悪かったです」と振り返った。たいへんな思いをして撮影をした新作は、「年上ではないけれど、面倒見が良い彼女です。“しょうがないなー”て部屋を片付けたりして、イチャイチャ系ですね。今回は衣装も全体的に可愛いくて、フェチ系を詰め込んだ感じに仕上がっています」と説明。


初めて“手ブラ”に挑戦したそうで、「かなり攻めてて、多分過去イチセクシーなんじゃないかな。朝ベッドのシーンなんですが、爽やかだけど、ポージングとかはセクシーに決めてます。お気に入りの衣装はお風呂のシーンで着たスケスケの水着ですね。お風呂ってベージュ系の水着が多いと思うんですけど、ここもかなりセクシーです。今回コロナで自粛している間に、何Kgか増量しているんです(笑)。かなりむちむちなので、特におしりフェチの方には楽しんでいただけると思います。あとノースリーブでタートルネックのピタニットなんかもフェチっぽいかな」とフェチアピール。“いやしかしメイリと言えばおっぱいでしょ!”という方向けには「やっぱり手ブラは外せないのと、ガーターベルトを付けているピンクの花柄の衣装があって、これは白いワンピースを着て一緒にお外デートしたあとに部屋に戻って脱いだらこれを出す!って感じなんですが、そこのシーンはかなり胸がしっかり堪能できると思いますよ。下乳もね」と教えてくれた。


前作はかなりの“ドS”キャラで話題を呼んだ。「そうですね、“ゴボウしばき”とか言って、イベントにゴボウ持って来たりしましたねー。今年は穏やかに(笑)、休息も取れたのでマイペースに活動できたと思います」と落ち着きを取り戻した?メイリだが、来年の目標を聞かれ、「コロナ禍でABEMAの準レギュラー番組とか出られなくなった番組が多かったので、バラエティにあらためて出たいですね」と抱負を語った。







※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 55件)

関連タグ