咲村良子、史上最高に“着てないがち”「おしり全スケがかわいい」

グラビア 公開日:2020/12/20 37
この記事を
クリップ

165cmの身長にすらりと伸びた美脚。バストは91cm Hカップとグラビアモデルとして申し分ないプロポーションを誇り、“ショートカットの神ボディ”として君臨する咲村良子。


現役アイドルでありながら、そのカラダを魅力的にみせるテクニックに長けていて、DVDの枚数を重ねるごとにセクシーに成長して頼もしい限りだ。そんな咲村の7枚目となるDVD『愛、咲かせて』(ギルド)を発売。記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


「ソフマップブルーにしました」と、会場とコーディネートした青のベロア生地のビキニを纏った咲村。「ちょっとズレやすいので撮影会では使えないデザインなんです。だからファンの人があまり見たことないんじゃないかなって思って、取材用に持ってきました」と、レア度の高い出で立ちでファン心も記者心もくすぐった。


9月に山梨・河口湖で撮影された今作。撮影の思い出を聞かれ「今までで一番脱いでいたので開放感がありました(笑)。なんか“ずっと着てないなー”みたいな感じでした。撮影通して“着てないがち”なので皆さんには喜んでもらえるかなー」と、けらけら笑っていた。ストーリーとしては「部下と出張に出かけるんですが、ホテルの部屋が一部屋しか取れていなかったというハプニングから始まり、その子と仲良くなる言う展開です」と説明。見せ場は温泉シーンだと言い、「史上最高に脱いでますね。脱いでばかり言ってますけど、手ブラでおしり“ぷりっ”って出てますねー(笑)。手ぬぐい1枚なんですけど、それもあるのかないのかみたいなところまで見せたので、それは良かったんではないかなと思います」と満足そう。


さらに「胸元も開いてない清楚めのロングワンピースから赤のY字水着とか、展開のギャップが楽しめるかなと。あと、黒の下着なんですが、Tバックではないんですけどすごく細くて、その横に紐があるというのが良い仕事してるんですよ。グラビア的にはとても良い衣装だなって思いました。ベージュのストッキングとかは珍しいと思いますし、朝ベッドのニップレスレースと羽織っているレースのしゃらしゃらとが妖しい感じがして良いです。ゴルフウェアも後ろが全部スケスケなんです」と、見どころ満載の今作をアピールした咲村は「解説がオジサンみたいですが、今回はおしり推しかな?おしり全スケかあ、“かわいい”みたいな(笑)。衣装さんに”あ!これかわいいですね!”って言ったやつがけっこう露出系だったりしてびっくりされます」と話して、和ませた。


今までおしり推しの作品がなかったことについて、自分のおしりが好きか聞いてみると、「“おしり無い派”なのがコンプレックスであんまり好きじゃなかったです。で、今回おしり鍛えたんですよ。なのでちょっと“ぷりっ”と”まる”っと上げにいってるんで(笑)。いつもおっぱい派のみなさんも今回はおしりに注目してください。私、胸はあるにはあるんですけど流れちゃって、柔らかさが好きだって仰る方も多いんですけど、爆乳感が出ないのが悩みなんです。Hカップはあるんですけどねー。“爆乳ではないですが巨乳です”って書いてください」とアピールした。


「この1年たいへんでしたけど、DVDも撮れて出せてというのはみなさんのおかげです。この時期だからこそ会えても会えなくても支えてくれるファンの方いうのを実感できたし、自分としてもそんなファンの方に還元できるものはないか、自主的に色々動いたりするきっかけにもなりつつ、そんなコロナの影響でアイドルユニット活動も思うようにできず、一人でライブやったりとかも多くて、そんな意味でも鍛えられた1年だったかなと思います。今年会えなかった分、来年は会って返せるように頑張りたいです」と振り返り、来年については「もちろんグラビア活動も頑張って、DVDももっと出しつつ、紙の写真集を目標にしてたりします。映画の出演とか、流儀圧搾[りゅうぎあっさく] というブランドのモデルとかもやっていたりして、活動を多岐に広げて意図しないところで“お!ここにもいたか!”みたいにみなさんにお会い出来たらと思います」と飛躍を誓った。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 62件)

関連タグ