96cm H乳&100cmヒップのダイナマイトボディ 愛場れいら「エロ度はMAX」

グラビア 公開日:2020/12/19 28
この記事を
クリップ

167cmの高身長に、100cmのむちむちヒップ&96cm Hカップのダイナマイトボディ。屈託のない笑顔と親しみやすいキャラクターで人気急上昇中の愛場れいらが、1年ぶりとなる2ndDVD『愛と罠』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。



「誰も着てこないだろうと思って」とにこにこ顔で登壇した愛場は、DVDでは観るが、イベントではそこまで…というような、Y字変形ビキニで決めて来た。赤のレースで形的は逆三角形となっており、ヒップの食い込みも、バストトップも都度都度確認と直しが必要なほどの危なさ。担当者から「あまり動くポーズはなしで」と注意喚起が飛ぶほどの露出で、“エロスプリンクラー”の面目躍如といったところか。


8月に地元の山梨・河口湖で撮影された今作は、愛場が保険の営業レディに扮している。「上司と取引先の方にいろいろ翻弄されて、ぐちゃぐちゃになっていく物語です。ドMなOLですね」と、なんともエロい設定。初めてボンデージを着たという愛場は「飴舐めとか、ゆさゆさ動いたり、オイルを塗られたりエロエロです。首輪を付けられて引っ張られるという、ドMな感じですね」と、S系女王様ではなくMなボンデージシーンということで見ものだ。


一番セクシーなシーンを聞かれると、「浴衣を着ていて、それを脱いでいくと上も下も紐みたいな水着になります。これが一番際どくて面積がちっちゃくて頑張りました。でもぴったりフィットするんですよ♡」と、恥ずかしそうにアピール。「あと、わたしおしりウリなんですけど、TバックじゃなくてOバックの変わったパンツを穿きました。蝶々のデザインでスパンコールも付いて可愛かったです」とも語った。


1年ぶりのDVDとなったが、エロ度は早くもMAXと断言。「今後もこんなエロいことしないと思います」と、かなり頑張ったようだ。これからは“爽やかなエロ”を目指したいそうで、「海で走ったり、プールではしゃいだり、スポーツしたりとか、青空の下でキラキラしたいです」としたが、今日の過激な水着をみると、この先もとんでもないエロを期待してしまう。というのも愛場の好きなグラビアアイドルがかつての事務所の先輩である森咲智美だからだ。「一度撮影会でお隣になって、いろいろ励ましていただいたんです。売れるまで長く頑張られたので今があるんですよね。私も諦めずに頑張っていきたいです」と前を向いた。そこで今日の水着だが、やはり「(森咲さんが)好きだから真似してっちゃいますよね。似てきちゃいます」と、その過激さは“エロの女神”の精神を受け継いだということのようだ。

<★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★>


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 74件)

関連タグ