青科まき『水ダウ』出演、東ブクロを色仕掛けした「きれいなおねえさん」に注目

グラビア 公開日:2020/12/16 33
この記事を
クリップ

16日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS)に、グラビアアイドルの青科まきが出演した。


青科は「東ブクロ、先輩芸人の嫁から色仕掛けくらってもさすがにもう乗ってこない説」 の仕掛け人として登場。7年前に先輩芸人の妻との不倫で相当大目玉を食らった東ブクロ(さらば青春の光)に、当時を思わせるようなトラップを仕掛け、一体どんな行動を取るのか検証。放送前から「予告だけで神回」「絶対面白いやつだ」など反響を呼んでいた。


お相手の青科まきは、歌舞伎町にあった伝説の『週プレ酒場』の店員だった彼女は、それを機にグラビア活動を本格化し『ミスヤングチャンピオン2019』ではいきなりグランプリに輝くなど、グラビア界では注目のイツザイ。しっとり落ち着いた雰囲気とそこはかとなく感じる色気が上品な上に、Fカップと言う抜群のプロポーションを誇る。


相方の森田哲矢は「いや、さすがにいかんでしょ。当時はあいつも大変やったから」と、誘いに乗らないと確証があったようだったが、会った途端「行くかも」と言わしめるほど、綺麗でセクシーな青科。ニセ番組ロケで徐々に距離を縮めて行き、会って2、3時間でLINEを交換、そして2日後に食事の誘いが。おしゃれなBARの個室での東ブクロの振る舞いに、浜田も「絶対できる思ってるやん」と思わず口に出すほど、気持ちが前のめりな東ブクロは、「おしり好きとかおっさんになったら言うけど、おれはまだおっぱい好きやな」と下ネタ全開、勢いで青科のバストサイズも聞くと「普通のFカップです」と青科も“お持ち帰り確定です”的な空気を出す。これでエンジンが掛かったようで、本人を目の前にしてグラビアを観たり、手のひらをマッサージしたりとやりたい放題。仕事とは言え、青科も身の危険を感じずにはいられないのではとドキドキする。そしてついに青科が自分は芸人の嫁だと告白すると、一気に酔いが醒める東ブクロ。その旦那が先輩芸人であるタイムマシーン3号の山本浩司であると知り、言葉も支離滅裂に。モニタリングしている森田は「耐えろ!ブクロ!」と、同じ過ちを犯してしまいそうな相方に声援を贈る。


東ブクロは「それを聞かされるとなあ、痛い目に遭うたから。周りにも迷惑かけたし、もう一回そう言うことになると、相方もおるし、マネージャーもそやし…というのもあるし、単純にまあアカンやん」と、真っ当な意見を言い始める彼に青科が「私か森田さんか、どっち取りますか?」と最後の決断を迫ると、「そりゃ森田になるよ、そんなん」と、お持ち帰り断念を宣言。本当は一番ドキドキしたであろう森田が胸を撫でおろしたのに、なんと「おっぱい見るのは不倫になるのか?」と、それでもおっぱいだけは見たいという呆れた名言を残したところでネタバラシ。青科が、山本の嫁ではなく独身であることを知り「じゃあいけるやん」と、最後の最後にクズ発言が飛び出した。


その後青科とは何もないのか?と問われると森田が「怖いマネージャーさんがいたので」と、進展はないことを発表した。


長期間にわたり仕掛人として色香を振り撒いてくれた青科だが、11月20日に2ndDVD『秘密旅行』(竹書房)を発売。記念イベントが12月27日(日)14時から、秋葉原・ソフマップ①号館で開催が決まっている。今回の色仕掛けで虜になった方は、ぜひ生の青科の色香に触れていただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ