森咲智美、特注十字型水着が際どすぎ「支える所が“パイ圧”しかないんです」

グラビア 公開日:2020/12/13 56
この記事を
クリップ

もはや説明不要の“日本一エロすぎるグラビアアイドル”森咲智美の16枚目となる新作DVD&Blu-ray『恋一夜』(ラインコミュニケーションズ)が先月リリースされ、発売記念イベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。



囲み取材に応じた森咲は、なんとBlu-ray盤のジャケット写真にもなっている森咲特製“十字型水着”に身を包んで登場。「今までいろんな際どい衣装で出させていただきましたが、今回が一番動けないかも」ともじもじ。森咲得意のM字開脚もさすがにできない面積の狭さに、取材陣もレンズを向けるのをためらうほど。


今作は森咲がスナックのママに扮している。「お店に来てくれる悩ましいお客様を、私の魅力で癒していくというストーリーです」と、今までなぜやってなかったのかと思うほどにハマり役の智美ママ。「実際にスナックを貸し切って撮影しました。普通のママの衣装からのドエロい薔薇の衣装に脱いで行くときに、まさに私がSNSでよくやっている“#これがこう”になっています。あと金色のアラビアンな衣装でベリーダンスを踊って誘惑しているところもおすすめです」と説明した。


囲み取材で披露した十字型水着は、本編のラストに登場。「一夜を共にするシーンなんですけど、首の輪っかのところに鎖を付けられてひっぱられるという辱めを受けたのですが、恥ずかしかったんですけどけっこうノリノリでできたんじゃないかな。普段そんな経験しないので、悪くはなかったです…」と、森咲のM性を存分に引き出すシーンとなっているそうだ。もしプライベートで同様のプレイを要求されたら「ドMなんでお応えしますよ」とイタズラな笑顔を見せた。もっともセクシーなのもこの十字水着のシーンだと言い、「キャンディぺろぺろもやってますし、この1チャプタだけでも楽しめると思います。現場で作っていただいた森咲特注水着で、本当にぎりぎりで不安定、支える所が“パイ圧”しかないんですね。その見えるか見えないかのところと素敵なデザインを楽しんでいただきたいです」と太鼓判、「2020年を締めくくるにふさわしいDVDになったと思います」とし、自己採点を2020点とした。


2020年も残り2週間ほど、「今年はコロナ禍で自粛期間に入ってしまって、家から生配信が増えたんですよ。そこで直接触れ合えないけど、“画面上で見るエロさ”というのが新しい発見でしょうか。地方のファンの方からも好評だったので、コロナが終息してからも続けてやって行けたらと思います」と、特別な年となった今年を森咲流に振り返った。そして気になるYouTubeチャンネルの“BAN”事件だが、「この1か月前から収益復活したんですが、よりエロに厳しくなっちゃって、AV実況とかの際どいモノは別のところで発表出来たらと思います」と期待を含ませた。


森咲は現在公開中の映画『新解釈・三國志』に「ちょっと出ているので探していただけると嬉しいです」とアピール。こちらもぜひ見つけてほしい。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 51件)

関連タグ