Hカップスレンダーボディ 咲村良子、過激さレベルもオトナの余裕

グラビア 公開日:2020/12/11 155
この記事を
クリップ

アイドルユニット「clipclip」のメンバーとして活躍している咲村良子


グラビア活動にも積極的で、現役女子高生だった2013年12月発売の1stDVD『ピュア・スマイル』で高校生とは思えない早熟のHカップバストとクビレたウエストラインを披露してグラドルファンのハートを鷲掴みにし、ここ最近は現役アイドルらしからぬセクシー路線でファンを魅了している。その彼女が今年2作目となる最新DVD『愛、咲かせて』(ギルド)をリリース。グラビア界屈指のHカップ神ボディを限界露出しながら過激なシーンを出し惜しみなく披露している。



ショートカットが実によく似合う咲村は、2018年のデビューから大活躍の山本ゆうを筆頭に、朝比奈祐未や紺野栞らとともに"ショートカット神ボディ"というジャンルを構築。今作では前作よりも髪の毛は長くなっているものの、ショートカットの魅力を存分に発揮している。


自慢のスタイルもさらに凄味が増した印象だ。スリーサイズは上からB90・W58・H88(cm)。しかもバストはHカップで、ウエストが細いだけにHカップのバストがやたらと大きく見える。まさにグラドルとしては理想的なスタイル。水着も超Y字形水着をはじめ、黒の下着風水着や胸元全開の競泳水着、チューブトップ水着とセクシーなものが多く、露出度高めの水着を着用して自慢のスタイルをアピールしている。さらにバストのトップを隠すだけの水着や手ブラなどを披露するなど出し惜しみ感は皆無で、彼女のスタイルを存分に楽しむことができるラインナップだ。


どのシーンも彼女のスタイルを満喫できる露出度の高さだが、お風呂のシーンでは泡ブラを披露しており、泡を付けたままバストを揺らすシーンは一瞬たりとも見逃せない。その咲村だが、2~3年前からセクシー路線に舵を切り、グラビアDVDとは思えない過激なシーンを披露してファンを大いに沸かせている。前作『咲乱』もかなりの際どさだったが、今作の過激さは前作以上に危険レベルで、その話題性からAmazonのランキングで1位を獲得した。スーツ姿からセクシーな水着へと展開していく冒頭から過激さのオンパレードで、シーンを重ねていくごとにその度合を深めていく。特にマッサージのシーンから最後を飾る夜ベッドにかけてのシーンはコアなファンも納得するシーンだ。ますます大人っぽくなった咲村が余裕の表情をカメラに向けるなど、思わずドキッとすることだろう。


今年10月20日の誕生日で25歳となり、着実に大人の階段を上がっている咲村。そのセクシーさは地に足がついたナチュラルさで、今後どのように変貌していくのか非常に興味が尽きない。グラドルとしてはもちろん、現役アイドルでもある彼女がここまで過激なシーンを披露したことに拍手を送りたい。


咲村のDVD発売記念イベントは12月20日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ