RaMu 来年はおしゃれサブカル女子に転身、オタクは「隠しつつ」

グラビア 公開日:2020/12/05 23
この記事を
クリップ

グラビアアイドルでYouTuberのRaMuが5日、都内で2021年カレンダーの発売を記念したイベントを開催。報道陣による囲み取材会には「探検家」をイメージしたセクシーな衣装で登場し、元気いっぱいにカレンダーをアピールした。


身長148センチにHカップという“ちっちゃカワイイ”ボディで人気を集めるRaMuの5部目となるカレンダー。去年10月にベトナムで撮影された写真で構成されおり、「新鮮だった」と話す砂漠でのショットなどが掲載されている。「牛がいっぱい道端にいてうちのマネージャーが突進された事件があった。すごい怖かったです」とロケ地を振り返った。


RaMuは「今年は色々あったし発売できるのかなと不安はあったんですけ出せてよかったです。芸歴5年で5回出させてもらっていて、その記録を途絶えさせたくなかった」と安堵。飾ってほしい場所を聞かれると「人目に付くところは恥ずかしいと思うので寝室とかに飾って私に見守られながら寝て欲しい。私は毎回自宅のトイレに飾っています。見つめられながら用を足している(笑)」と明かした。


2020年を振り返ってもらうと「記憶がないくらい自粛していて。4月から6月の記憶がほとんどない。何もしていなかった。そのくらい頑張って自粛していた」とコロナに振り回される1年だった。ホームステイ中に体重が「42キロまで太った」が、「このあいだ体重計に載ったら38キロになってて自粛痩せしました。胸(のサイズ)は…落ちていないと思います!」とした。


「最近は世の中も動き始めてきて、怒涛にバババッとお仕事も入ってきたので安心感はありました」とRaMu。バンド活動にも力を入れており、昨日初ライブを終えたばかりだ。「ライブはバタバタと決まった。ギター歴まだ年も経っていない中で開催した。これからどんどん練習して上手くなりたい。バンド活動であり余った元気をコロナで凹んだ皆さんを盛り上げたい」と意気込んだ。


来年の目標は“おしゃれサブカル女子”になること。「自分を高めるためにおしゃれになろうと。音楽、ファッション、サブカルを勉強したい。オタクを卒業するか? うーん…隠しつつおしゃれ女子になろうかな(笑)」と語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ