西永彩奈、変わらぬキュートさにセクシーさマシマシ "合法ロリ"の面目躍如

グラビア 公開日:2020/11/27 54
この記事を
クリップ

当時中学2年生だった2009年にデビュー作『彩奈の日焼け跡』をリリースして以来、弾ける笑顔と眩しすぎる肢体でグラドルファンを湧かせてきた西永彩奈。


数々のアイドルユニットにも所属して活躍していた彼女だが、現在はグラビアに専念しており、昨年は「第2回サンスポGoGoクイーン」のグランプリを獲得してグラドルとしての復活を印象づけた。その彼女が最新DVD『Sweet Dreams』(竹書房)をリリース。西永の魅力でもあるキュートさと24歳の大人っぽさを上手く融合させた作品に仕上がっている。


デビュー当時は中学2年生だった彼女も来年1月で25歳に。あれから11年もの月日が流れたが、そのキュートな笑顔はデビュー当時から何ら変わることはない。今作では24歳ながらも女子高生役を熱演。制服姿で見せた眩しすぎる笑顔は何モノにも代えがたい清純さを感じずにはいられない。とは言え、そこはグラビアDVD。以前からセクシーな仕草を披露してグラドルファンを悩殺してきた彼女だが、今作でもかなり際どいシーンを見せている。その好例が制服を着用したシーン。女子高生役ということで制服やスクール水着、体操着といった女子高生をイメージした衣装や水着を着用しているが、オススメの制服のシーンは2バージョンあり、一つは夏服のセーラー服、そしてもう一つは冬服のセーラー服だ。夏服のシーンでは同級生と思われる男子生徒に脱がされてスマホで写真を撮られたり、制服を脱がされてローションプレイに興じるなど、教室という聖域でとんでもないないことが繰り広げられる。


冬服のセーラー服も同様に教室でイケないことが展開され、同シーンでは両手を縛られたり飴舐めを披露するなど、清純な女子高生とはかけ離れたシーンに興奮度も倍増だ。自宅と思われる部屋で見せたキャンディー舐めは教室のシーン以上に激しさを増しており、その仕草はもちろん生々しい音もリアルさを増幅させている。デビュー当時から変わらぬキュートさに進化が著しいセクシーさが加わり、まさに合法ロリグラドルに相応しいシーンを収録。その内容は期待以上の出来栄えだ。


西永のDVD発売記念イベントは11月29日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ