むちふわマシュマロFカップ 桜りん、グラビア界No.1軟体ボディで誘惑

グラビア 公開日:2020/11/18 65
この記事を
クリップ

2017年アイドル活動中にグラビアに参戦。おっとりとしたなんとも優しい空気と、整った顔立ちで清楚さを漂わせながら、Fカップのふわむちバストが揺れる桜りんが、3rdDVD『りん 花ひらく』(エスデジタル)を発売、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。



桜としては珍しい青の三角ビキニで登場、「私、普段青を選ぶことがないのですが、たまたまお店に行った時に、この青が綺麗すぎて光っていたので、一目惚れで買った水着を今日、着て来ました」とにっこり。


今夏、千葉・御宿で撮影された3年ぶりの新作は、桜が高校生役。「小さいころからよく遊んで、お風呂も一緒に入っていたお兄ちゃんと、成長した私が壁を越えていちゃいちゃしちゃうっていうストーリーです」と、ワクワク感が増すシチュエーションだが、おススメはやはり開脚だろう。桜は沖縄出身ながら、新体操の強豪校である香川の高校に越境入学、県代表に選ばれたこともある実力を持つ。「グラビアアイドルの中で、私が一番身体が柔らかいと思ってまして、開脚の角度は誰にも負けないと思っています。レオタードを着て新体操を披露しているシーンを観て欲しいです。得意のリボンもやっています。I字開脚は190度くらい行きまーす」と自信をみせた。


まもなく25歳になる桜だが、冒頭シーンでは制服姿も披露している。「個人的には大人っぽい役が来るのかなと思っていたんですが、18歳くらいの若い設定も、もう滅多にできない経験なので嬉しかったです」とはにかむが、夜ベッドのシーンは「コルセットをして、撮影中も曲を流しながら踊ったりしてます」と、一転艶めかしく四つん這いになったり、腰をくねらす場面もみられるそうで、「これが間違いなく一番セクシーです」と太鼓判。「撮影していた時間帯も夜だったので、私自身の気分もえっちになっちゃって(笑)、入りこんじゃいました」とドッキリ発言も飛び出した。


さらに「マッサージのシーンで、脱いだらバストの下にしかワイヤーのない下着に、デザインニップレスを付けた衣装があるのですがすごい胸が開放的で最高でした、もう“ぼんぼーん”みたいな感じで。男性がノーパンで過ごす感覚?を味わいました(笑)」と恥ずかしそうに振り返ると、お風呂のシーンについても質問され、「ここはセリフも少なく、動きとか表情だけが主になるんですが、なんか…感じてました。気持ちいいなあって入りこんでました」またもや、可愛い顔して大胆な発言に記者陣も目を丸くしていた。


3年ぶりとなる新作については、「やっぱりグラビアのお仕事の中で、DVDの撮影が私的には一番好きですね。“あ!この感覚”って久しぶりに味わいました。ひとつの作品を大勢のスタッフさんと、朝から晩まで一緒に創り上げていく環境が好きで、今作も楽しい思い出になりました」と振り返った。これを機会にグラビア活動を活発化させると言い、「去年所属アイドルグループが解散したので、これからどんどんDVD出していきたいなと思います。バラエティ番組にも出たいです!体張りたいんです」と猛アピールした。DVDとしては「歳を重ねてから出てくる大人の魅力というのを出せるようにしていきたいです」と、意欲と色気が満々の桜。2017年に2枚以来の今回3枚目と、リリースが少なかったが、「来年は3枚出したいのと、雑誌の表紙を狙えるようなレベルにまで持っていきたいな」と抱負も語り、2021年の桜りんはグラビアエンジン全開で、大輪の花を咲かせそうだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 85件)

関連タグ