人気レイヤーすみれおじさん 貴重な水着コスプレ、Hカップボディ披露

グラビア 公開日:2020/11/14 15
この記事を
クリップ

11月13日発売の写真週刊誌『FRIDAY(フライデー)』(講談社)で、 人気コスプレイヤーのすみれおじさんが水着コスプレ姿を披露した。


すみれおじさんはHカップというグラマラスボディの持ち主ではあるもののこれまで露出の多いコスプレは披露していなかった。 滅多にない水着姿の公開に読者の視線を釘付けにしている。


すみれおじさんのコスプレは海外で特に評価されており、 西欧を中心に開催されている世界コスプレ大会「Cosplay World Masters」の審査員として招聘されるほどの実力者だ。海外のコスプレは見た目だけでなく、 キャラクターとしてどれだけなりきれているのかワンシーンを再現するなどの世界観やパフォーマンス力を審査される。すみれおじさんは、 キャラクターの動きを再現するためにアクションジム「AAC STUNTS GYM」で修行を積んでおり、 7月からは岩本淳也先生(日月堂武術会・会長)から、 "棍"や"刀"のほか"長拳・南拳(カンフーの一種)"などの中国武術の指導を受けている。さらに、 キャラクターの感情や立ち振る舞いを再現するために演技を学び始めた。

その甲斐あって、 仮面ライダーシリーズや乃木坂46総出演ドラマの監督を務める鈴村展弘監督が率いる劇団「アソビドラマティック」のオーディションに合格。 見事、 初舞台でメインキャストの座を射止めた。 



<すみれおじさんコメント>

まわりのみなさんが、 すごいキャリアばかりの方たちなので失礼のないように一生懸命台本を読み込んでいます。

最初は、 朗読劇と聞いていたんですけどお稽古に参加したらイメージと全然違いました。

セリフも覚えるシーンもありますし、 動いて掛け合いをしたり、 ほかの方が喋っている間の反応とかもぜんぶ演技するんです。 初舞台なのにとんでもなくレベルの高いところに参加してしまった……。

でも、 初心者の私にも監督が丁寧に演技指導をしてくださっているのでだんだんと演技ができるようになってきた気がします。 期待に応えられるよう頑張ります!


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)