色気溢れ出すHカップ 柊木里音、艶めかしい腰付きが過激すぎる

グラビア 公開日:2020/11/14 486
この記事を
クリップ

2018年から今年7月までバーレスク東京のダンサーとして活躍した柊木里音は、昨年11月にTOKYO MXで放送された『真夜中のおバカ騒ぎ』に出演して一躍グラドルファンから注目の的に。上からB93・W58・H90(cm)のスリーサイズにHカップのバストという圧倒的なスタイルを誇り、ここ最近は撮影会での人気も急上昇中だ。そんな彼女が待望の1stDVD『あなた、ごめんなさい。』(竹書房)をリリース。男性の視線を釘付けにする圧倒的なスタイルに加え、初めてのグラビア作品とは思えないセクシーなシーンを披露している。


27歳と遅咲きのDVDデビューだが、逆にそれが功を奏した作品だ。1stDVDからセクシーさがエンジン全開。それもそのはず、柊木が演じたキャラクターは、愛する夫が居ながらも旦那以外の男性と不貞行為を楽しむというイケない人妻役で、新人グラドルとは思えない過激なシーンを披露している。


まずはベッドで下着風水着となり、指を咥えながらバストを揉みしだくシーンを大胆にも披露。下着風水着はチューブトップ水着とオープンブラの重ね着で、Hカップの谷間と下乳を見せつけている。さらにはベッドでは激しくグラインド。その後はあえて説明しないが、冒頭からいきなりの衝撃度だ。人妻ながらも弁護士の秘書という設定で、オフィスに場面を移すと、スーツに白ワイシャツ、ミニタイトスカート姿もクールで美しい。その衣装を脱ぎ捨てて、あろうことかオフィスで上司と思わる男性と破廉恥行為に及ぶ。激しいアイス舐めに手ブラでのグラインドなど、グラビアのDVDとは思えない激しさだ。


スーツから下着風衣装へと展開していく以外に、オフィスでは赤いビキニを着用したシーンも収録。こちらもアイス舐めを披露しており、さらにアイスを身体中に当ててアイスまみれにするなど、刺激的なシーンが続く。お風呂のシーンでは昨今のグラビア界で流行しているY字形水着を着用。こちらはシャワーの蛇口を道具として活用しており、えちえちなシーンが楽しめる。


場面が一気に変わり、泡女に扮したシーンも収録。設定が設定なだけに、マットプレイといったサービス的シーンも見せている。さすがにバーレスクの元ダンサーだけあって、セクシーな身体の動かし方は彼女の真骨頂だ。ここでも腰をグラインドさせるなど過激なシーンを見せているが、時折漏らす官能的な声がリアル感を演出している。ラストを締めくくるベッドのシーンは、衣装を黒に統一して夜の雰囲気を漂わせ、激しさで言えば今作でも1、2を争う過激なシーンだ。最後に発した「あなた、ごめんなさい…」というセリフにイケない人妻の背徳感を感じずにはいられない。抜群のスタイルは言うに及ばず、トップクラスのグラドルや三十路オーバーのベテラングラドル顔負けの過激さ。初めてのDVDでここまで披露した柊木に拍手を送りたい。


柊木のDVD発売記念イベントは11月22日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ