本郷杏奈「ヤバいぐらいに恥ずかしかった」前作凌ぐセクシー放出 “大人”な表情にドキッ

グラビア 公開日:2020/11/14 63
この記事を
クリップ

テレビ東京系の深夜バラエティ『ゴッドタン』で"日本一の恥ずかしがり女子"と命名されて注目を集めた本郷杏奈。


マルチに活躍している彼女だが、グラビア活動にも積極的で、2016年にリリースした1stDVD『Namara大好き』以降、165cmの高身長に上からB85・W57・H88(cm)という抜群のスタイルでグラドルファンから高い支持を集めている。その彼女が最新DVD『彼女のヒミツ』(スパイスビジュアル)をリリース。トータルバランスに優れた自慢のスタイルはもちろん、一段と大人っぽい姿を披露するなど、完成度の高いグラビア作品に仕上がっている。


昨年はテレビなどの仕事が忙しかったせいか、グラビア活動をしていなかった本郷。だが、今年に入って積極的に展開している。2月には1年4カ月振りとなった通算4作目のDVD&Blu-ray『AN-NA』を発表。その熱も冷めないまま、4月には初めての写真集『Touch』をリリースするなど、今年は彼女にとってグラビアイヤーなのかもしれない。特筆すべきは、随分とセクシーさを全面に押し出している点だ。


2月に発売されたDVD&Blu-ray『AN-NA』では、これまでにない露出の高さとセクシーさを大胆にも披露。"日本一の恥ずかしがり女子"と呼ばれる本郷にとって前作は「ヤバイぐらいに恥ずかしかった」というが、恥ずかしさを感じたぐらいのセクシーさが出ていた証でもある。その前作に続いて今年2作目となる今作は、これまた大人の色気を感じさせる作品だ。ゆったりとした時間が流れながらも、カメラに向ける目線や一つ一つの仕草に大人っぽさが加わっている。バスの中でスカートをめくってパンチラを見せながら次々と衣装を脱いでいくシーンは、大人の余裕さを感じずにはいられない。下着風水着を着用したお風呂のシーンでは、これまでのチャームポイントでもある癒やしの笑顔が見られる反面、浴衣から黄色い下着風水着へと展開していく旅館のシーンでは、カメラを見つめる大人びた表情に思わずドキッとすることだろう。


赤い透け透けの衣装と黒水着を着用した夜のベッドのシーンも同様だ。その視線は明らかに誘惑の目線で、三十路を目前に迫った29歳の女性のリアルな姿がそこにある。総じてセクシーさが進化しており、年齢とともにセクシーさがナチュラルに出ているようだ。グラビア的にはトータルバランスに優れているスタイルも今作の見どころ。グラドルとしては決して大きくはないDカップのバストだが、水着姿になるとバストの深い谷間に視線が奪われてしまう。系統的にはウエストが細いスレンダータイプな故に、バストの膨らみが際立っている。北海道出身ということで透明感溢れる色白の肌も秀逸だ。全体的に水着や衣装は際どく、露出された極上のスレンダーボディに心を奪われることだろう。


本郷のDVD発売記念イベントは11月21日(土)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ