極上スレンダーコスプレイヤー“鹿”降臨、大胆不敵な悩殺波状攻撃に撃沈

グラビア 公開日:2020/11/13 143
この記事を
クリップ

グラビア業界にまた新たな逸材が現れた。コスプレイヤーとして高い支持を集めている鹿、24歳。173cmの高身長に上からB84・W62・H92(cm)という極上のスレンダーボディを武器に、コスプレのイベントで注目の的に。その姿がグラビアの関係者の目に留まり、グラビアデビューを果たした。



満を持して発売された1stDVDのタイトルは、ずばり『Debut!』(竹書房)。新人グラドルにありがちなフレッシュ感だけだと侮るなかれ。コスプレの経験を最大限に活かしつつ、新人とは思えない過激なシーンを大胆にも披露している。


そのボディはモデルやトップグラドル顔負けのスペックだ。具体的なサイズは先にも述べたが、高い身長に長くて美しい手足、美尻に豊かな膨らみのあるバストと、すべてにおいてグラビア映えしたパーツを兼ね備えている。


デビュー作となる今作だが、超V字形水着をはじめ、透け感たっぷりのワンピース水着や三角ビキニなど、露出は相当なもの。魅惑的な身体のラインも堪能することができ、彼女の極上ボディを存分に楽しめるラインナップだ。その素晴らしすぎるボディはもちろん、今作ではデビューとは思えない過激なシーンも見どころ。冒頭の車内やプールでのシーンでは眩しすぎる笑顔に癒やされ、新人らしいフレッシュ感を見せているが、シーンが進むにつれて過激度がエスカレートしていく。プールから上がってマッサージされるシーンからその予兆が感じられ、カメラが彼女の身体に肉薄しながら思わず漏れる官能的な声に興奮度も高まる。


お次は新人らしくバランスボールに興じるシーン。ただのバランスボールと思うなかれ。バランスボールをお尻に当てながら四つん這いになるなど、バランスボールを撮影アイテムとして巧く使っている。野外ではコートを着た鹿を、彼氏と思われる男性がスマートフォンで撮影。「恥ずかしいよ」と言いながら、男性の求めに応じてコートを脱げば、超V字形水着となって白い肌を最大露出。自らバストを揉むなど誘惑のシーンだ。お風呂のシーンでは彼氏と洗いあいっこ。全身にはボディーソープを垂らされ、鹿の美しすぎるボディがキラキラと輝く。黄色い三角ビキニを着用したシーンでは、バドミントンに興じるが、問題はその後だ。室内に場所を移すと、水着の紐を外しながらラケットで悪戯されながらアイス舐めにチャレンジ。口の周りはアイスまみれでラケットの悪戯に反応して官能的な声を漏らすなど、ハプニングの連続だ。目隠しと両手を拘束されたシーンでも同様のシーンが見られる。1stDVDでここまで激しいシーンを見せた新人がかつていただろうか? 本人曰くかなりの人見知りで恥ずかしがり屋らしいが、果敢に披露してくれたその姿勢に拍手を送りたい。


鹿のDVD発売記念イベントは11月22日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ